市立島田市民病院の基本求人情報

病院名 市立島田市民病院
住所 静岡県島田市野田1200番地の5
病床数 536床
看護師数 429人
交通 JR島田駅から車で約6分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給大卒235,000円、専門卒228,000円
賞与 年2回
手当 通勤手当、住居手当、扶養手当、時間外手当、夜勤手当、特殊勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時から午前9時30分
休日・休暇 有給休暇(1年につき20日)、育児休暇、ボランティア休暇など
福利厚生 静岡県市町村職員共済組合など
看護師寮 あり
託児所 あり(院内保育所「さくらんぼ園」で0歳から6歳に対応)

定期採用について

年度別で島田市病院事業職員が募集されていて、採用試験に合格すると年度替わりの4月1日付で勤務開始となります。

応募するにあたっては40歳までという年齢制限が設けられていて、看護師免許を持っているか取得見込みになっていることが必要です。

随時採用について

定期採用は公務員採用試験によって行われていることに対し、応募することができる年齢の上限を40歳程度と定めて条件を緩和しています。

入職からおよそ3ヶ月の間は臨時的任用期間となり、それから採用試験を随時受験して正規職員となることができます。

市立島田市民病院の教育制度

2012年度から導入されたクリニカルラダーがベースとなっていて、段階的に実践力を引き上げていくためのサポートが行われています。

院内教育のうち集合教育として全体研修のほか卒後年度別教育、ラダーレベル別教育を実施しています。

それと別に分散教育として自己学習と看護単位別教育、オンデマンド研修の機会も用意されています。

院外教育としては各種の学会や研修会、長期及び中期講習会として看護職員実習指導者等講習会や認定看護管理者教育課程へ参加することが可能です。

市立島田市民病院の特徴

前身である島田町立診療所は1946年に開設されていて、1979年に現在の形態となる新病院がスタートしました。

内科や外科をはじめとして精神科、小児科など幅広い診療科を標榜しての医療が提供されています。

島田市において一軒しかない急性期病院であり救急告示病院でもあって、二次救急だけでなく救命救急センターの範疇となる患者さんを含めて地域における大部分の救急搬送依頼に応えています。