市立奈良病院の基本求人情報

病院名 市立奈良病院
住所 奈良県奈良市東紀寺町1丁目50ー1
病床数 350床
看護師数 279人
交通 JR奈良駅から市内循環バスに乗車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給四大卒199,600円、三年卒192,000円
賞与 年2回(4.0ヶ月分)
手当 職種調整手当、夜勤手当、看護研修手当、超過勤務手当、住宅手当、通勤手当、家族手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時、夜勤午後4時30分から午前9時30分
休日・休暇 四週八休制、年次有給休暇、年末年始休暇、特別休暇、育児・介護休暇、産前産後休暇など
福利厚生 各種社会保険(労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金)、クラブ活動など
看護師寮 あり(単身用職員宿舎)
託児所 あり(24時間保育所と病児保育所)

常勤職員の募集

看護師免許を持っているか取得見込みになっていれば応募することが可能であり、総務課人事担当者宛に応募書類を郵送します。

履歴書のほか新卒者は卒業見込証明書と成績証明書、既卒者は職務経歴書と看護師免許証のコピーが必要です。

書類選考を経て合格した場合には、小論文と面接による選考の結果によって採否が決定されます。

パート職員の募集

パートとして勤務するスタッフの募集が行われていて、看護師免許があれば学歴を問わず応募することができます。

第一次の書類選考とそれに続く小論文、面接の選考に合格した場合は病棟や外来などの各部署へ配属され1,600円の時給制で勤務することになります。

市立奈良病院の教育制度

新人教育について

採用時からスタッフ各自の能力を育てていくべく看護実践と看護管理、教育・研究という3つの観点で教育を進めていきます。

新人看護師技術研修は勤務時間の中で行われ、少人数の体制で先輩スタッフが講師を担当しています。

現任教育について

目標管理のもとで段階的な成長を実現すべく現場教育、集合教育という両面からのサポートが行われています。

クリニカルラダーにもとづきステップIからステップVまでの教育体系が用意されていて、ステップ修了後も専門領域や管理領域といった目指す方向で専門性を深めていくことが可能です。

市立奈良病院の特徴

国立病院機構奈良病院を前身としていて、2004年に奈良市が開設し公益社団法人地域医療振興協会が管理運営する医療機関としてスタートしました。

地域医療の中核を担う医療機関として、地域に寄り添った医療を提供しつつ近隣に立地している医療機関との連携も強化しています。

国立病院としての時代から充実させてきた専門医療に加え、医療に対するあらゆるニーズへ対応することができるだけの診療体制を整えています。