さいがた医療センターの給料と待遇

給与 月給230,000円~290,000円(主要手当含む、経験年数による基本給の加算あり)
賞与 年2回(6月・12月、計3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、夜間看護等手当、専門看護手当(認定看護師・専門看護師)、診療看護師手当、救急呼出待機手当、派遣手当、住居手当(月額最高27,000円)、通勤手当(月額最高55,000円)、寒冷地手当、扶養手当、時間外勤務手当、特殊業務手当(重症心身障害児(者)病棟・筋ジストロフィー病棟・結核および精神病棟・救命救急センター)など
勤務時間 3交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時半~翌1時15分、深夜勤:0時半~9時15分)、早出・遅出制度あり
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(年間20日、翌年へ最大20日間繰越可能)、病気休暇、結婚休暇、夏季休暇、忌引、産前産後休暇など
福利厚生 国家公務員共済年金、国家公務員第二共済組合保険、看護師賠償責任保険、公務災害認定補償、職員食堂完備、財形貯蓄制度、育児休業制度、退職金制度あり(6ヶ月以上勤務の場合)
看護師寮 独身者用宿舎あり(リビング6畳・和室6畳、ユニットバス)
託児所 院内保育施設あり

さいがた医療センターの基本情報

病院名 さいがた医療センター
住所 新潟県上越市大潟区犀潟468-1
病床数 精神:250床、神経内科(難病・脳卒中など):80床、重症心身障がい児(者):80床
看護師数 163名
交通 JR信越本線および北越急行ほくほく線「犀潟駅」から徒歩7分、「直江津駅」からバス(鵜の浜・柿崎行)および「柿崎駅」からバス(直江津行)に乗車し「さいがた医療センター入口」で下車して徒歩10分
車通勤 不明
カルテの種類 電子カルテ

さいがた医療センターの看護師中途採用実績

さいがた医療センターにおける看護師の中途採用は、随時行われています。すでに看護師資格を保有している転職希望者による応募は随時受け付けられており、採用試験についても面接・筆記試験が随時実施されています。

看護業務は「一般コース」と「経過別(慢性期→急性期)看護コース」に分けられており、応募の際にはどちらかを選ぶことができます。求人への応募に際しては、受験願書、採用希望病院票(一般コースまたは経過別看護コース)、看護師免許証コピー、看護学校の卒業証明書または卒業証書コピーの提出が求められています。

受験願書および採用希望病院票については、サイト上からダウンロードすることができ、詳しくは独立行政法人国立病院機構の看護職員募集要項をチェックしてみると良いでしょう。

さいがた医療センターの教育制度

さいがた医療センターでは、国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」に基づく看護師教育が行われ、病院の特徴に合わせて教育専任看護師長と教育委員会による教育プログラムの企画・作成が行われています。

院内教育計画については、新人~3年目、およびプリセプター、全員を対象とした講習・演習・研修などが実施されており、1年ごとに研究発表の場が設けられているなどの特徴があります。

新卒から概ね5年間を目安として、教育支援が提供されておりジェネラリスト・スペシャリストを目指すためのサポート体制も充実し、認定看護師による職員研修やリンクナースの育成なども行われており質の高い看護スキルを身につけることができるでしょう。

さいがた医療センターの特徴

さいがた医療センターは、昭和18年に日本医療団によって創設された後に厚生省への移管や規模の拡大を経て、平成16年4月に独立行政法人国立病院機構さいがた病院として発足した国立病院です。

おもに精神疾患や神経・筋疾患、重症心身障がい者の医療を専門としていますが、精神科、神経内科、内科、小児科、整形外科、リハビリテーション科、放射線科、消化器科、歯科が設置されているほか、精神疾患については精神科救急医療の受け入れ施設としての役割も果たしており地域医療に幅広く貢献をしています。

さまざまな特殊外来が設けられているのも特徴で、物忘れ外来や頭痛外来、睡眠時無呼吸外来など専門性の高い医療が提供されています。また、難病デイケアや精神デイケアなど、在宅療養・通院治療をする患者を対象とした支援やサポートも提供されています。