宮崎病院の給料と待遇

給与 看護師の初任給が2年課程で180,500円、3年課程で188,900円、大卒で198,300円
賞与 年2回
手当 夜間看護手当、通勤手当、住居手当など
勤務時間 2交代制:日勤8時30分~17時15分、夜勤16時45分~翌9時
3交代制:日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時30分~1時15分、夜勤16時45分~翌9時15分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 国家公務員共済組合加入 国家公務員退職手当法適用
看護師寮 あり
託児所 あり

宮崎病院の基本情報

病院名 国立病院機構宮崎病院
住所 宮崎県児湯郡川南町大字川南19403-4
病床数 180床
看護師数 123名
交通 川南駅か特急や急行の場合は高鍋駅で下車し、タクシーで約7分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ

宮崎病院の看護師中途採用実績

宮崎病院では常勤の看護師を募集していて、国立病院機構の九州グループ全体で採用が行われています。その中で第一希望が宮崎病院であれば、応募書類の送付先も論文や面接試験の会場も宮崎病院となります。

ただし、応募時には複数の勤務先を希望するようになっているため、第二希望以下の病院で採用される可能性もあります。

一方、若干名の採用枠として不定期で非常勤看護師が募集されています。書類選考を経て面接が行われ、採用された後は年度ごとの契約更新が必要です。

宮崎病院の教育制度

宮崎病院では5年目までの看護師に対して基礎的な教育、5年目以降の看護師対して個々の目標に応じた院内研修が行われています。

1年目は、まずは新人として早く職場に慣れることが最初の目標です。研修の中では看護師として実務をこなすための基本的な力を身につけます。2年目では、基本的な技術が自分のものとなり、実践する段階に入ります。実際の看護の場で、持っている技術を活かす能力を磨いていきます。

3年目は、現場のスタッフとしてそれぞれの患者さんに合わせた看護技術の提供を目標とします。その一方で、後輩を指導するために必要なリーダーシップも磨きます。4年目、5年目では、チームリーダーとして役割を果たすために必要な力を身につけ、他の看護師をまとめることができるように指導が行われます。

5年目以降は、さまざまな目標へ向かうためのバックアップとして多様な研修が用意されています。専門分野のスペシャリストになりたい人は専門看護師や認定看護師のコース、広い分野に精通したい人はジェネラリストのコース、看護教員や看護師長などになりたい人はそれぞれの養成コースで学ぶことが可能です。

院外で開催される医療安全管理者研修や糖尿病フットケア研修、看護大学校の講習などにも自主的に参加することのできる支援もあります。

宮崎病院の特徴

宮崎病院は昭和14年に国立療養所として設立され、平成16年に独立行政法人化されたことで現在の国立病院機構宮崎病院に改称されました。医療機関として、一般医療と政策医療にあたっています。

一般医療では、内科、整形外科、小児科を中心とし、それとともに地域の医療機関とも連携しつつ市民講座を開催するなど地域の健康管理に貢献しています。政策医療では、重症心身障害児に対し入院や通院による療育医療を実施し、リハビリや発達相談にも対応しています。