九州がんセンターの基本情報

病院名 九州がんセンター
住所 福岡県福岡市南区野多目3丁目1番1号
病床数 一般:411床
看護師数 約350名
交通 JR博多駅および博多ふ頭から西鉄バス(福翔・野多目行)に乗車し「九州がんセンター」で下車、天神(西鉄福岡駅)から西鉄バス(九州がんセンター行)に乗車し「九州がんセンター」で下車
車通勤 可能(片道2km以上の場合は通勤手当支給)
カルテの種類 電子カルテ

九州がんセンターの給料と待遇

給与 月給230,190円~249,660円(主要手当込み、経験に応じて基本給の加算あり)
賞与 年2回(6月・12月、計4.1ヶ月分)
手当 夜勤手当・夜間看護等手当(2交替の場合11,000円/回程度、3交替の場合5,000円/回程度)、専門看護手当(専門看護師・認定看護師)、通勤手当(通勤距離が片道2km以上の場合、公共交通機関の運賃相当額、自動車等の場合は距離に応じて支給)、住居手当(借家は最高月額27,000円)、扶養手当、地域手当(基本給と扶養手当の10%)など
勤務時間 変則2交替・3交替制(日勤A:8時半~17時15分、日勤B:8時半~19時半、夜勤:18時~翌9時15分など)、早出・遅出あり
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(年間20日、1年目は15日)、病気休暇、特別休暇(結婚休暇、出産休暇、夏季休暇、子の看護休暇など)、介護休暇など
福利厚生 厚生労働省第二共済組合加入、育児休業・介護休業・自己啓発休業制度あり、退職金制度あり(勤続6ヶ月以上)
看護師寮 あり(月額8,200円程度)
託児所 院内保育所あり

九州がんセンターの看護師中途採用実績

九州がんセンターにおける看護師の中途採用は随時行われていて、過去の中途採用実績では2014年5月に外来担当の非常勤看護師が募集されました。

その際の求人の内容は、週5日勤務が1名、週4日勤務が2名の募集でスキル・経験等については不問とされています。

応募資格としては、正看護師の資格保有者であること、59歳以下であることが条件で、勤務形態は日勤のみ、勤務時間は8時半~15時および8時半~17時15分です。

給料は時給制で、時給1,290円、他に手当が支給されます。

雇用期間は4ヶ月以上で、年度ごとに原則更新が必要です。

また、2013年9月には5名の病棟担当の常勤(月4回程度の夜勤あり)看護師が中途採用として募集されました。応募資格は、正看護師免許保有者で、スキル・経験等については不問です。

九州がんセンターの教育制度

九州がんセンターでは、国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」に沿った独自の現任教育が行われています。新卒から概ね5年目までの経年別教育です。

がん患者を専門的に扱う病院であるためがん看護専門研修Ⅰ・Ⅱおよび臨床看護研究研修が組み合わさった自己啓発と自己研磨を基本とする教育プラグラムが企画されています。

経年別教育とがん看護専門研修Ⅰについては、全職員が必修です。

がん看護専門研修Ⅰは6年目から、がん看護専門研修Ⅱは8年目からが目安として企画されており、段階的にがん看護ジェネラリストおよび通称「がん看護ACTyナース」といったがん看護のスペシャリストを目指すことができるようになっています。

九州がんセンターの特徴

九州がんセンターは、昭和19年に臨時福岡第二陸軍病院として創設されたのち、国立病院九州がんセンターの設立等を経て平成16年4月に独立行政法人国立病院機構九州がんセンターとして発足した国立病院です。

おもにがん治療を専門としており地域がん診療拠点病院にも指定がされ、造血器官細胞移植センターや外来化学療法センター、内視鏡センター、高精度放射線治療センターなどといった高度な施設が備えられています。

また、患者とその家族を対象としたがん教室などのイベントも多数開催されており、「病む人の気持ち」と「家族の気持ち」を尊重した、温かく思いやりのある基本理念が高く評価されています。