広島西医療センターの給料と待遇

給与 基本給198,300円、主要手当70,000円~
賞与 年2回/4.1ヶ月分
手当 専門看護手当(専門看護師5,000円、認定看護師3,000円)、夜間勤務手当4,500円、住居手当~27,000円、通勤手当~55,000円、時間外手当、特殊業務手当など
勤務時間 2交代制:日勤9時30分~17時15分、夜勤20時30分~翌9時15分
3交代制:日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時30分|1時15分、深夜勤0時30分~9時15分
日勤のみ:日勤8時30分~21時15分
夜勤のみ:17時~翌9時30分
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇、夏季休暇、冠婚葬祭休暇、育児休暇(産前産後休暇、育児休業、この看護休暇など)、病気休暇、介護休暇など
福利厚生 国家公務員共済組合への加入、オリジナルユニフォーム(白衣)5枚配布、赴任経費支給、奨学金制度要相談、厚生年金、健康診断など
看護師寮 あり(全50部屋、新人看護師優先で入居可能)
託児所 あり(院内保育定員35名、保育時間7時45分~19時、日曜祝祭日・年始年末休み、病児・病後保育を大竹市の委託事業として開設)

広島西医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター
住所 広島県大竹市玖波4丁目1番1号
病床数 440床
看護師数 415人(非常勤職員含む)
交通 JR西日本山陽本線玖波駅下車徒歩7分、おおたけ幹線バス広島西医療センター下車徒歩0分
車通勤 可(駐車料金月4,000円)
カルテの種類 電子カルテ

広島西医療センターの看護師中途採用実績

正規採用は毎年4月に配属予定として、50名程度を見込んでいます。2015年では、一応例年どおり60名を定員として採用する予定です。2014年は52名、2013年は44名を採用した実績があります。

採用受付期間は7月から始まり、選考試験は8月に行われます。応募資格は看護師資格を持つこと、もしくは2014年3月に看護学校を卒業見込みであることです。

欠員が出た場合には必要に応じて常勤、非常勤の看護師を中途採用しており、2011年に非常勤・パート職員を募集した実績があります。待遇や勤務体制は上記の常勤職員と同じで、非常勤で応募した場合は1週間当たりの勤務時間を32時間以内に調整し、勤務時間帯は応相談となっています。

広島西医療センターの教育制度

看護部の教育目標は、患者さんの需要に合った個別性ある看護実践能力を養うこと、専門分野を高めて看護の質を向上させること、職業人として責任あり組織の一員として役割を果たすこと、向上心を維持して自己研鑽できる人材の育成を目指しています。

看護教育計画によると、まず最初の4月から6月にかけて新採用者研修、7月に観察と記録、9月にリフレッシュ研修、10月から1月に一般病棟から慢性病等までローテーション研修、12月にケースレポート発表、3月に1年の振り返りを行います。

2年目から5年目まではローテーション研修で、いろんな部署を回ります。その後、6年目以降は全体研修で病院組織における役割を果たせる看護師を目指していきます。

看護師個人の目標に応じて専門コースがあり、認知症患者の看護、摂食・嚥下コース(接触・ポジショニング)、人工呼吸器・呼吸療法コース(呼吸療法など)から選び、専門性を追及可能です。認定看護師や呼吸療法士への道があり、知識ある人材が充実している証拠です。

現在いるのは感染管理認定看護師、認知症看護認定看護師、がん化学療法看護認定看護師、摂食・嚥下障害看護認定看護師、救命救急看護認定看護師、そして呼吸療法認定士です。実際にこれらの資格を取得する上で同僚と協力し合い、共に学び合う姿勢が出来上がります。

広島西医療センターの特徴

前身となったのは1945年に統合された当時の海軍病院・国立大竹病院、および日本医療団結核療養所・国立療養所原病院で、この2つの施設が統合されて2005年に独立行政法人国立病院機構西広島医療センターとなりました。統合によって職員数が600名を上回る大所帯となり、病院としての規模が飛躍的に高まりました。

病院としては、「患者さんと共に」を理念に掲げており、患者さんの医師の尊重と信頼関係の構築、地域密着型医療の提供、予防医療、医療の質向上などを基本方針としています。

広島西医療センターの気風として、患者さんを始めとしてお客さんを歓迎する風潮があり、病院見学会やインターンシップ、交流会や学会、研修会で訪れた看護師、医師などの医療関係者が就職先、転職先に決めることが多いという特徴を持ちます。

広島西医療センターにおける特徴ある取り組みには、1日認定看護師体験が挙げられます。感染管理、摂食・嚥下、がん化学療法、救急看護、認知症看護などの認定看護師の経験ができ、対象となるのは現役の看護学生もしくは看護学校を卒業した人で随時行われています。これとは別に、上記のとおり病院の院内見学や看護師インターンシップも行っています。