山形病院の給料と待遇

給与 月給240,500円~262,000円(主要手当含む、経験年数に応じた調節あり)
賞与 年2回(6月・12月)
手当 夜勤手当、住居手当、通勤手当、扶養手当、夜間看護等手当、救急呼出待機手当、専門看護手当など
勤務時間 3交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時15分~翌1時、深夜勤:0時15分~9時)、7時~20時の間で7時間45分の早出・遅出勤務あり
休日・休暇 原則4週8休制、年次有給休暇(年間20日、翌年へ最大20日間繰越可能)
福利厚生 共済保険(厚生労働省第二共済組合)、共済年金、財形貯蓄制度、退職金制度あり
看護師寮 看護宿舎あり(昭和51年建築の6畳1間、風呂なし、台所・トイレ共有)
託児所 なし

山形病院の基本情報

病院名 山形病院
住所 山形県山形市行才126番地2
病床数 一般:178床、結核:50床、重症心身障がい:80床
看護師数 169名
交通 山形市内方面からは山形病院(桧町・嶋)または(西田・瀬波)行バスに乗車し「山形病院」で下車(約30分)、寒河江・谷地(荒町南)行バスに乗車し「山形病院口」で下車(約25分)して徒歩4分、寒河江方面からは山交ビル行バスに乗車し「山形病院口」で下車して徒歩3分、JR東金井駅から徒歩約30分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

山形病院の看護師中途採用実績

山形病院における看護師の中途採用は随時行われており、新人・経験者に関わらず歓迎がされています。

平成27年1月現在は、看護体制変更に伴う大幅増員のため募集人員数については明らかにされていませんが正看護師が募集がされています。応募に際しては、指定の履歴書および看護師免許証コピーの提出が求められており、選考方法として面接・筆記試験があります。経験者の場合は、筆記試験が免除され面接のみとなることもあります。

また、山形病院では常勤のほか、非常勤での看護師募集も行われています。非常勤の場合は時給制で、日勤のみの勤務です。給料は経験年数等に応じて時給1,080~1,290円で設定されており、配属先は外来もしくは病棟で勤務時間は7時~18時半までです。各種保険が完備されており、ボーナスは年2回支給されます。

山形病院では看護師の子育て支援が充実しており、家庭を持つママさんナースでも働きやすい環境が整えられています。

山形病院の教育制度

山形病院では、国立病院機構による「看護職員能力開発プログラム」に沿った看護師教育が行われ、看護師のキャリアパス制度に基づく研修システムが備えられており、生涯学習として段階的にスキルアップ・キャリアアップをすることができるようになっています。

能力開発プログラムは、機会教育(OJT)と集合教育(OFF-JT)を交えた内容で、新人から概ね5年をかけて学ぶことができるプログラムです。さらに経験とスキルを高めて行くことにより、実習指導者研修や看護教員、看護管理者(副看護師長・看護師長)、医療安全管理者を目指す研修なども用意されています。

また、山形病院では看護の専門性をより高めるための専門看護師や認定看護師を目指すバックアップ体制も充実しています。大学院進学や教育課程受講による休職制度などが設けられており、安心して学習に集中することができる環境があります。

山形病院の特徴

山形病院は、昭和49年10月に国立療養所左沢光風園と国立療養所山形晴山荘が統合して開設された独立行政法人国立病院機構の運営する国立病院です。おもに重症心身障がい者やてんかんを含む神経難病、リハビリテーション、結核・呼吸器疾患などの診療を専門としており、質の高い専門医療が提供されています。

在宅介護支援として、重い障がいがあって在宅生活が困難な人やその家族を支援することを目的とする一時的に対象者を預かる(最大7日間)「短期入所事業」もあります。

病院の理念としては「患者さんの目線に立った、満足される安心で質の高い医療を提供する」ことが掲げられており、地域社会からも信頼を得ています。また、東方に奥羽山脈、西方に朝日連峰と霊峰月山、南方に市内中心を望むことができる田園地帯に位置しており、自然に恵まれた静かで落ち着いた環境で療養生活を送ることができるとして評価されています。