七尾病院の給料と待遇

給与 看護師の初任給が2年過程で27万円、3年過程で38万円、大卒で29万円(すべて手当を含む)
賞与 年2回(3.95ヶ月)
手当 夜間看護手当、住居手当、専門看護手当、特殊勤務手当、扶養手当、時間外勤務手当など
勤務時間 シフト制度(2交代制)日勤8時30分~17時15分、日勤B8時30分~19時30分、夜勤18時~翌9時15分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 共済組合加入、奨学金制度あり
看護師寮 あり(1LDK エアコン、IHヒーター付き)
託児所 なし

七尾病院の基本情報

病院名 国立病院機構七尾病院
住所 石川県七尾市松百町八部3-1
病床数 144床
看護師数 120名
交通 JR七尾線七尾駅からバスで7分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

七尾病院の看護師中途採用実績

七尾病院では、年次募集の他に年度途中でも随時看護師の募集をしています。

年次募集の場合は独立行政法人国立病院機構本部東海北陸グループとしての一括の採用試験で、試験は800文字程度の小論文と面接です。平成27年度は15名の募集がありました。

しかし、年度途中でも募集は出していますので、中途採用を目指している看護師は七尾病院に直接連絡を取れば面接を受けることができます。

七尾病院の教育制度

七尾病院では、全看護職員が国立病院機構の看護職のキャリアパス制度にのっとって、一年目の看護師から生涯教育が出来るような研修システムを整えています。

1年目から5年目の看護師は、看護職員能力開発プログラムに沿って機会教育と集合教育の研修を行い、段階を踏んで看護師として必要なことを学ぶことができます。

5年目以降の看護師は、実習指導者、看護教員、看護管理者、医療安全管理者、認定看護師、専門看護師、ジェネラリストなどそれぞれの看護師一人一人が目指す方向に向けて努力することが出来るように七尾病院は支援しています。

国立病院機構の病院として政策医療を実践することが必要とされているので、看護師も専門看護実践能力を持って看護師として自立できるよう院内教育を充実させて対応しています。

また、新人教育はプリセプター制をとっていて基本的な能力が習得できるよう先輩看護師が率いていきます。プリセプター以外にも看護師全員がそれぞれの新人看護師に応じた支援を行い、エキスパート研修としては認定看護師の育成などに力を入れていますので現在何人もの認定看護師が活躍しています。

七尾病院の特徴

七尾病院は1945年1月に日本医療団松百園として開業し、1947年には国立石川療養所の分院となり、1952年に独立、2004年4月に独立行政法人国立病院機構七尾病院に改称しました。

七尾病院は石川県の結核拠点病院の指定を受け、石川県の能登地方で暮らす人々のために地域が求める医療の提供を一番に考えて、現在は結核治療を中心とした呼吸器疾患の診断と治療、神経筋難病の長期治療、そして重症心身障害者の療育を3本柱として医療を提供しています。

七尾病院は花の咲く病院としても名を知られ、第一回全国花のあるまちコンクールでも最優秀賞を受賞しています。