松江医療センターの給料と待遇

給与 看護専門学校3年卒188,900円~
賞与 年2回(6月と12月)
手当 夜間看護手当、業績手当、時間外勤務手当、扶養手当、住居手当、通勤手当など
勤務時間 三交代制:日勤8:30~17:15、準夜勤16:15~翌日1:00、深夜勤0:30~9:15
休日・休暇 4週8休、年次有給休暇、産前産後休暇、夏季休暇、年末年始休暇、子の看護休暇、介護休暇、育児休暇、特別休暇など
福利厚生 国家公務員共済組合保険加入、看護師寮、託児所、育児短時間勤務、各種貸付制度、ユニホーム貸与など
看護師寮 あり
託児所 あり

松江医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 松江医療センター
住所 島根県松江市上乃木5‐8‐31
病床数 340床
看護師数 約198人
交通 JR松江駅より車で約10分、山陰自動車松江中央出口より車で約8分、JR松江駅前バス停4番乗り場から大庭・八雲行き、大庭かんべの里行き、県合同庁舎行き、平成町車庫行きに乗車して「松江医療センター」の停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

松江医療センターの看護師中途採用実績

松江医療センターでは、常勤と非常勤の看護師が継続して募集されています。採用試験では小論文試験と面接試験が行われていて、基本給は独立行政法人機構が定めている給与形態に基づきます。

非常勤看護師の採用に際しては面接試験が行われていて、随時募集中です。時給は1,170円であり、週に32時間以内の勤務で週5日、午前8時30分から午後4時30分までの勤務となっています。土曜日と日曜日、祝日が休日で、時間や日数に関しては相談することができます。

また、長いブランクがある看護師の復職も支援していて、現場を10年以上も離れていた看護師も問題なく病棟で勤務しています。病院見学、インターンシップも実施しています。

松江医療センターの教育制度

松江医療センターでは、卒後教育に力を入れています。

新人教育では新採用者研修の後で採用後3ヶ月、採用後6ヶ月、採用後1年目研修が行われ、屋根瓦式教育体制のもとでプリセプターが技術的、精神的に新人を支え、日次業務や看護技術の習得を目指します。また、固定チームナーシングが行われていることから、チーム全体で新人の成長を見守り指導する支援体制があります。

継続教育では院内留学研修や看護研究、プリセプター研修、リーダー研修も行われ、さらにキャリアアップを目指している看護師に対しては結核・呼吸器疾患、重症心身障害などに関する専門看護研修も実施しています。

松江医療センターの特徴

松江医療センターは昭和46年に国立療養所松江病院として開院され、結核や呼吸器系の疾患に対応していましたが、平成21年に国立病院機構松江医療センターとなって呼吸器系疾患や重症心身障害、発達障害などの診療にあたるようになりました。

呼吸器の疾患に関しては、安全に先進治療を受けることのできる病院として知られています。

国立病院機構として政策医療にも参加していて、肺がんや肺気腫、肺炎、呼吸不全、喘息、結核などの診断や治療に取り組み、政策医療外の分野では発達障害外来を開設、小児を専門に脳性まひやてんかん、自閉症などといった疾患に対して療育指導や小児デイケアなども実施しています。