沼田病院の給料と待遇

給与 基本給大卒198,300円、3年卒188,900円、2年卒180,500円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 夜間看護手当、専門看護手当、診療看護師手当、救急呼出待機手当、派遣手当、住宅手当、通勤手当、地域手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休、夏季休暇(3日)、結婚休暇(5日)、病気休暇、特別休暇など
福利厚生 厚生労働省第二共済組合、育児休業制度、育児短時間勤務制度など
看護師寮 あり(リース宿舎、月48,000円、住宅手当23,500円)
託児所 なし

沼田病院の基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構沼田病院
住所 群馬県沼田市上原町1551-1
病床数 199床
看護師数 94名
交通 JR上越線沼田駅からバスに乗車して約10分の国立病院入口停留所で下車、関越自動車道沼田ICから車で約5分
車通勤
カルテの種類 オーダリングシステム

沼田病院の看護師中途採用実績

募集の形態

年次採用については、独立行政法人国立病院機構関東信越グループが一括で実施しています。中途採用に関しては、病院ごとの直接の募集が行われています。

年次募集の種別

一般採用コースでは第1希望から第3希望まで勤務したい病院を選択することができ、経過別看護コースでは慢性期か急性期のどちらかを選択します。統一試験の内容は、面接試験と小論文です。

実施対象や頻度について

これから学校を卒業見込である人から新卒者、すでに看護師の資格を持っている人まで応募することが可能です。選考の結果として採用人数に満たなければ、その後も随時試験を実施します。

沼田病院の教育制度

新人や中途採用者も含めて、高いレベルのスキルを身につけます。国立病院機構によるキャリアパスのもと、卒後5年目まで能力開発プログラムに沿って到達目標を目指す自己啓発や自己研修が続けられます。

新人のうちは看護専門職たるための基本姿勢や態度から身につけ、科学的な根拠にもとづく生活援助の技術などといった看護実践を重ねていきます。その後は主体的な看護や自発的な行動などを目指し、職場でのモデルとなってチームリーダーの役割を果たすことや指導研究活動なども志向することになります。

一人前の看護師となった後は、自らが望む分野の道へ進んでいきます。専門看護師や認定看護師、医療安全管理者、治験看護師、ジェネラリスト、実習指導者などの育成が行われています。

沼田病院の特徴

沼田病院は、1941年に沼田陸軍病院として開設されました。1945年に厚生省へ移管されて国立沼田病院となり、2004年に独立行政法人国立病院機構沼田病院として改称されています。

国の政策医療についてはがんや循環器の疾患へ対応し、へき地医療拠点病院や第二種感染症指定医療機関、エイズ診療協力病院、神経難病基幹協力病院、救急告示病院などの役割を果たしています。

特にへき地巡回医療には定評があり、1970年から沼田市のほかみなかみ町や昭和村などといった二次医療圏を回っています。県において3分の1弱にもあたる面積であり、29ヶ所を週に2回のペースで巡回しています。