新潟病院の給料と待遇

給与 月給260,000円~294,000円(看護学校3年卒の場合、夜勤手当含む)
賞与 年2回(6月・12月、計3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、夜間看護等手当、専門看護手当(認定看護師・専門看護師)、診療看護師手当、救急呼出待機手当、派遣手当、住居手当(月額最高27,000円)、通勤手当(月額最高55,000円)、地域手当(都市手当)、扶養手当、時間外勤務手当、特殊業務手当(重症心身障害児(者)病棟・筋ジストロフィー病棟・結核および精神病棟・救命救急センター)など
勤務時間 3交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時15分~翌1時、深夜勤:0時半~9時15分)
休日・休暇 4週8休制、国民の祝日、年末年始、年次有給休暇(年間20日、翌年へ最大20日間繰越可能)、病気休暇、結婚休暇、夏季休暇、忌引、出産休暇、配偶者の出産休暇、男性職員の育児参加のための休暇、子の看護休暇、介護休暇、育児休業など
福利厚生 共済組合加入(雇用・健康・厚生・労災)、退職金制度あり
看護師寮 看護師寮タイプ・マンションタイプから選べる、ワンルームタイプの看護師宿舎あり
託児所 病児保育室完備

新潟病院の基本情報

病院名 新潟病院
住所 新潟県柏崎市赤坂町3番52号
病床数 一般:150床、重症心身障がい:80床、筋ジストロフィー:120床
看護師数 不明
交通 JR信越本線「柏崎駅」から徒歩25分、「柏崎駅」駅前および南口から北越後観光バスに乗車し「新潟病院前」で下車
車通勤 不明
カルテの種類 電子カルテ

新潟病院の看護師中途採用実績

新潟病院における看護師の中途採用は、随時行われています。平成27年2月現在では、平成28年4月1日付採用の常勤(夜勤あり)看護師が募集されています。

応募に際しては転職者の場合では、採用試験受験願書・採用希望病院票(いずれもサイト上からダウンロード可)、看護師免許証のコピー、看護学校等の卒業証明書または卒業証書のコピーの提出が求められています。

採用試験としては、面接・筆記試験が実施されていますが、経験者の場合では筆記試験が免除されることもあります。

新潟病院では、看護師の定期募集だけではなく状況によっては即時勤務の中途採用や、非常勤(パート)の募集なども行われているため希望する場合には直接問い合わせてみると良いでしょう。

新潟病院の教育制度

新潟病院では、国立病院機構によって標準化された「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」に基づいて看護師教育が行われています。新潟病院の特徴にも合わせた独自の教育プログラムが企画されており、基礎コース(レベルⅠ~Ⅲ)、指導者コース、専門コースなどが設定されています。

基礎コース・レベルⅠが1年目、レベルⅡが2年目、レベルⅢが3年目、指導者コースが4年目以上というのが目安です。

専門コースについては、自身の目的に合わせて1年目から受けることが可能ですが、さらにその上にはゼネラリストやスペシャリスト、看護管理者としてのマネージャーを目指すための教育支援も充実しています。また、スキルアップラボ室には看護技術や救急蘇生法の練習をいつでも行うことができる環境が整備されています。

新潟病院の特徴

新潟病院は、昭和14年に傷痍軍人新潟療養所として創設されたのち、厚生省への移管や改称等を経て、平成16年に独立行政法人国立病院機構新潟病院として発足した国立病院です。

主に筋ジストロフィーや神経筋難病、重症心身障がいなどの治療・研究を専門としており、小児慢性疾患地方基幹施設として成育医療にも力が入れられています。

更に内科・神経内科・小児科・外科・整形外科・リウマチ科・放射線科・リハビリテーション科・歯科(入院患者のみ対応)といった診療科が設置されており、柏崎市民を中心に地域住民を対象として、医療講座や健康講座、小児アレルギー・肥満講演会を開催するなど地域医療に幅広く貢献をしています。