青森病院の給料と待遇

給与 大卒:271,000円~309,000円、短大・看護学校3年卒:262,000円~297,000円、看護学校2年卒・高校専攻科卒:254,000円~286,000円、助産師:274,000円~312,000円、いずれも基本給と諸手当込みの金額
賞与 年2回、前年度実績3.95ヶ月
手当 夜勤手当、住居手当、通勤手当、夜間看護等手当、専門看護手当、救急呼出待機手当、寒冷地手当、超過勤務手当、地域手当、診療看護手当、特殊業務手当など
勤務時間 三交代制:日勤8:30~17:15、準夜勤16:00~翌0:45、深夜勤0:30~9:15
休日・休暇 週休2日制、祝日代休制度あり(年末年始を含む)、年次有給休暇(年間最大20日、繰越最大20日可能)、夏期休暇、結婚休暇、産前産後休暇、忌引き休暇、看護・介護休暇など
福利厚生 高制動同署第二共済組合、共済年金
看護師寮 なし
託児所 あり

青森病院の基本情報

病院名 国立病院機構 青森病院
住所 青森県青森市浪岡大字女鹿沢字平野155-1
病床数 360床
看護師数 224名
交通 青森空港より車で約20分
自動車:東北自動車道浪岡ICから約15分
JR/バス:JR奥羽本線浪岡駅下車 徒歩約12分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

青森病院の看護師中途採用実績

青森病院は独立行政法人国立病院機構北海道東北グループのひとつであるため、新卒定期採用はグループ統一で行っていますが、中途採用に関しては病院独自に行っており詳細は病院ホームページに掲載されています。

現在常勤での募集は行っていませんが、非常勤看護師の募集を行っています。雇用期間は平成26年4月1日~平成27年3月31日までですが。期間更新が可能です。原則1週に付32時間以内勤務となり、外来配置の場合は日勤のみ、病棟配置の場合は夜勤も含まれます。

時給は1,170円、夜間看護手当が夜勤1回につき3,200円、特殊業務手当が勤務病棟に応じて1時間当たり50円~100円、賞与も年2回支給されます。採用予定人数は4名で随時受け付けを行っています。

青森病院の教育制度

看護部の理念である「患者中心の看護」が実践出来るよう、機会教育、集合教育を通じて幅広い看護を学び、看護師自身が目標を明確にしてステップアップできる研修を実施しています。

また、プリセプター制度を導入し、看護実践を行いながら基本と技術を学びます。更に、専門・認定看護師コース、ジェネラリストコース、看護管理・看護教員コースの中から自分が目指したい看護師を目指すことが可能です。

各病院、国立病院機構本部、北海道東北グループ、国立看護大学校研修部などが主催する研修会への参加、看護技術教育への参加、看護研究・学会への参加も積極的に行い、看護専門職としての人材育成にも力を入れています。

青森病院の特徴

旧国立療養所青森病院が、2004年に国立病院機構の運営となり現在の名称になりました。内科、外科、呼吸器科などの一般的な診療科目の他に、政策医療分野19のうち、神経・筋疾患、重症心身障害、成育医療(小児慢性疾患・思春期医療)、呼吸器疾患(結核を含む)の4つの専門医療施設に指定されています。

筋ジストロフィーなどの神経・筋難病に対し高度な医療を提供し、生活を向上させる援助を行ったり、重症心身障害に対応した医療型障害児入所施設や養護学校が併設されています。小児と思春期の子供を対象に、気管支ぜんそく、肝臓・心臓・血液・代謝性疾患、生活習慣病(肥満、高脂血症、高血圧等)、心身症、不登校、骨、関節疾患、急性疾患に高度医療を行い、子ども達の成育に影響を及ぼす疾患の診療、臨床研究なども行っています。

また、結核指定医療機関に指定されており、結核医療の基幹施設として高度な結核医療、後療法、リハビリ、呼吸障害への医療体制が充実しています。