静岡てんかん・神経医療センターの給料と待遇

給与 短大2卒で191,330円~、学歴により異なる
賞与 年2回(6月と12月に3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、夜間看護手当、業績手当(年間3.95ヶ月分)、時間外勤務手当、家族手当、住宅手当(27,000円まで)、通勤手当(上限55,000円)、専門看護師手当、認定看護師手当、特殊業務手当、地域手当、休日手当など
勤務時間 二交代制:日勤8:30~17:15、夜勤16:30~翌日9:00
三交代制:日勤8:30~17:15、準夜勤16:15~翌日1:00、深夜勤0:30~9:15
休日・休暇 年間休暇120日 4週8休、年次休暇、国民の祝日、忌引き休暇、結婚休暇、産前休暇、産後休暇、夏季休暇、年末年始休暇、子の看護休暇、介護休暇、育児休業、特別休暇、短時間勤務休暇など
福利厚生 国家公務員共済組合の各種保険、育児短時間勤務、看護師寮、保育所完備、各種貸付制度、ユニホームと靴の貸与など
看護師寮 あり
託児所 保育園あり、3歳未満利用可

静岡てんかん・神経医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター
住所 静岡県静岡市葵区漆山886
病床数 410床
看護師数 約200人
交通 JR静岡駅前北口バスターミナル5番より静岡鉄道バスにてこども病院線「67こども病院・静岡神経医療センター」行に乗車、終点「静岡神経医療センター」下車で約30分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

静岡てんかん・神経医療センターの看護師中途採用実績

静岡てんかん・神経医療センターでは、随時、常勤看護師と非常勤看護師を募集しています。試験内容や勤務条件に関しては、新人職員と同じです。

非常勤看護師は病棟か外来で勤務して看護にあたり、夜勤はありません。時給は1,580円、1週間の勤務時間は32時間以内となっていて勤務形態や日数、時間に関しては面談の際に相談することができます。

てんかんや神経系の疾患を中心に治療へあたっていて、患者さんのことを理解して心からサポートしたいという職員を募集しています。神経系疾患の経験がなくても万全のサポートがありますから、気持ちがあれば大歓迎です。

静岡てんかん・神経医療センターの教育制度

静岡てんかん・神経医療センターでは新規採用者プログラムのもと、それぞれの患者さんに合わせて考えた看護を提供することのできる看護師となるよう能力開発プログラムとして「ACTyナース」を用意し、実践力の育成や倫理教育などを実施しています。

また、一貫した指導が行われるようプリセプター制を導入しています。

てんかんや神経疾患といった特殊な分野の医療を提供している病院でもあるため、疾患の理解や最新の医療にもついていくことができるようセミナーや研修、講義も開催し、キャリアアップを目指す看護師に対しては国立病院機構の他院と連携して転勤や転属によって経験を深めるためのサポートもしています

静岡てんかん・神経医療センターの特徴

大正15年に静岡市立静岡療養所として創設され、平成13年に国立療養所静岡東病院と国立静岡病院が統合して国立療養所静岡神経医療センターとして開院しました。

国立病院は独立行政法人化され、平成16年に独立行政法人国立病院機構静岡てんかん・神経医療センターと名称を変更しています。

患者さんと家族が安心することのできる療育環境や診療が提供されていて、医療に対するニーズの変化などにも対応することができるように医療への適応を心がけています。