相模原病院の給料と待遇

給与 看護師の初任給が2年過程で180,500円、3年過程で188,900円、大卒で198,300円、助産師が201,100円
賞与 年2回(3.95ヶ月)
手当 夜間看護手当、専門看護手当、救急呼出待機手当、住居手当、通勤手当、地域手当、扶養手当、時間外勤務手当、特殊業務手当など
勤務時間 シフト制度3交代制:日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時30分~1時、深夜勤0時30分~翌9時15分
2交代:日勤8時30分~17時15分、長日勤8時30分~19時45分、夜勤17時45分~9時15分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 退職金制度、医療保険、共済組合加入
看護師寮 リース宿舎あり
託児所 あり

相模原病院の基本情報

病院名 国立病院機構相模原病院
住所 神奈川県相模原市南区桜台18-1
病床数 458床
看護師数 325名
交通 小田急相模原駅北口下車、1.1km徒歩またはバス(1番のりば)利用、国立相模原病院下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

相模原病院の看護師中途採用実績

相模原病院では、年度毎に行われる国立病院機構看護職員グループ関東信越グループの採用試験の他に、病院独自の非常勤・夜勤専従として働く方法があります。

年度で行われる採用試験は800文字程度の小論文と面接で、第一希望が相模原病院であれば試験会場も相模原病院で受けます。

非常勤の看護師として働きたい場合、募集は随時行われていますから書類選考と面接を受け、雇用期間の4月から3月までの1年間です。

相模原病院の教育制度

相模原病院ではすべての方々に誠意を持って接し、こころの温かい看護を提供することを看護部の理念として掲げています。

1年目の看護師に対しては、新人職員の教育サポート体制が充実しているため先輩看護師が1年目の看護師をサポートし、一人前の看護師になるよう促します。

中堅以上の看護師については、専門分野を極めることを目指す看護師、または幹部となって看護師をまとめたいと考えている看護師などそれぞれの目的に応じて看護師が成長出来るよう病院全体で支え、自分の目指す専門分野を極めて認定看護師教育課程を終了して認定看護師となった後は、学んできた専門分野を医療の現場で活用できるように考えています。

認定看護師には現在、感染管理認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師、がん化学療法看護認定看護師、慢性心不全看護認定看護師、摂食、嚥下障害看護認定看護師、皮膚、排泄ケア認定看護師などさまざまな分野の認定看護師が活躍しています。

また、看護研究を推進していますので看護師が目標を持って研究していることに対して支援しています。

相模原病院の特徴

相模原病院は、1938年3月臨時東京第三陸軍病院として創設され、1945年12月に国立相模原病院として発足し、2004年に現在の独立行政法人国立病院機構相模原病院と改称しました。相模原病院は1965年に日本で最初のスギ花粉の飛散量調査を始めた病院として知られています。

現在は、免疫異常分野の総本山として臨床研究や診療などを行い、がん、精神医療、成育医療にも重点を置き、神奈川県のエイズ治療拠点病院の指定も受けています。リウマチ・アレルギー疾患については、診療や臨床研究の期間施設ですし一般医療機関では対応できない急性期医療や専門医療を地域に提供する地域医療支援病院でもあります。