大分医療センターの給料と待遇

給与 基本給180,500円~198,300円
賞与 年2回(6月と12月に計3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当・夜間看護等手当(3,200円~7,600円)、専門看護手当(専門看護師5,000円・認定看護師3,000円)、診療看護師手当、救急呼出待機手当、派遣手当、通勤手当~55,000円、住居手当(借家は最高月額27,000円)、扶養手当、地域手当、時間外勤務手当、特殊業務手当など
勤務時間 3交替制:日勤8時半~17時15分、準夜勤16時半~翌1時15分、深夜勤0時半~9時15分、早出、遅出あり
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(年間20日)、病気休暇、特別休暇(結婚休暇、出産休暇、夏季休暇、子の看護休暇など)、介護休暇など
福利厚生 共済組合加入、休業制度(育児、介護など)、退職金制度あり
看護師寮 要確認
託児所 あり(院内保育所ひかり保育園)

大分医療センターの基本情報

病院名 国立病院機構大分医療センター
住所 大分県大分市大字横田2丁目11番45号
病床数 一般300床(15休床)
看護師数 要確認
交通 JR日豊本線大在駅から徒歩約15分
車通勤 可(駐車場1,000円/月)
カルテの種類 電子カルテ

大分医療センターの看護師中途採用実績

大分医療センターでは、定期的に正職員看護師の採用試験を実施しているほか、非常勤看護師の中途採用者も随時行っています。

配属先は外来で、正看護師と准看護師を対象に面接によって採用が決定されます。勤務期間は平成27年4月1日から平成28年3月31日までの1年間とされていますが、勤務状態が良ければ5年までの契約更新が可能です。

待遇に関しては、勤務時間は午前8時30分から午後3時まで、合計して1週間あたり30時間の勤務です。土曜日と日曜日の週休2日制であり、採用から3ヶ月が経過すると有給休暇の取得対象にもなります。時給は1,190円で通勤手当、超過勤務手当も支給されます。

臨時的任用看護師の場合、給料は基本給で153,300円から、待遇などは正職員とほぼ同じです。1年ごとの契約更新制であり、毎年1回実施されている採用試験に合格すれば正職員として登用されます。

大分医療センターの教育制度

大分医療センターでは、国立病院機構によってつくられたACTyナースのもとで看護師教育が行われています。積極的な自己啓発や自己研磨を通じ、自分自身が主体となってキャリア開発を行うことのできる教育プログラムです。

卒後教育

卒後からOJTとOFF-JTによる教育が進められ、新卒から5年までを目安として経年別、レベル別による研修があります。

教育支援

卒後6年目以降は、自分で掲げた目標を達成するためのさまざまな研修が用意されています。専門・認定看護師研修や看護管理、看護教育に関する研修などを通じてスペシャリストやジェネラリストを目指します。

大分医療センターの特徴

地域医療に幅広く貢献していて専門的総合病院としての機能を担い、大分県地域医療支援病院やがん診療連携協力病院などに指定されていて厚い信頼も得ています。

専門性の高い15の診療科に加えて内視鏡センター、肝センター、胸痛センター、呼吸器センターが設置され、そのほか専門外来としてひまん外来、ストーマ外来、緩和ケア外来が設けられています。