大牟田病院の給料と待遇

給与 看護師の初任給が2年課程で180,500円、3年課程で188,900円、大卒で198,300円
賞与 年2回(3.95ヶ月)
手当 夜間看護手当、診療看護師手当、緊急呼出待機手当、派遣手当、住居手当、専門看護手当、通勤手当、扶養手当、時間外勤務手当など
勤務時間 シフト制度(3交代制)日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時30分~1時15分、深夜勤務12時30分~翌9時15分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 国家公務員共済組合健康保険、退職共済年金加入
看護師寮 あり
託児所 あり

大牟田病院の基本情報

病院名 国立病院機構大牟田病院
住所 福岡県大牟田市大字橘1044-1
病床数 400床
看護師数 189名
交通 鹿児島本線吉野駅から徒歩10分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ

大牟田病院の看護師中途採用実績

大牟田病院では、年次募集で国立病院機構九州グループとして試験を受けて常勤の看護師として働く他に、中途で非常勤の看護師として働くことも可能です。

非常勤の看護師は若干名の募集で不定期で出され、選考は面接試験が行われます。

年次募集の場合の採用試験は面接と論文です。大牟田病院を第一希望とする場合は、大牟田病院で試験を受けますし応募書類も大牟田病院に送ります。

大牟田病院の教育制度

大牟田病院の教育制度は、新人から5年目看護師までの基本的な教育と5年目以降の看護師がそれぞれの目指す分野に向けてステップアップするための支援と2種類の研修コースを用意しています。

新人から5年目看護師教育

新人は職場へすぐに対応し、基本的な能力を修得することを目指し、2年目の看護師は今まで学んできた基本的能力を元に実践できる能力を磨くことを目指し、3年目の看護師は患者それぞれに合わせた看護の提供をすること、また後輩の指導ができるようになることを目指します。

そして、4年目と5年目の看護師はチームリーダーとして他の看護師がまとめられること、組織活動に積極的に酸化することを目指します。

5年目以降の看護師教育

5年目以降の看護師は、看護師としての自分の目標に達するために必要な研修を受けることができます。呼吸器看護やがん看護など、専門領域の知識や技術を磨く専門コース、領域を決めずにあらゆる看護の知識や技術などを身につけるジェネラリストコースなどそれぞれに分かれて研修を受けられる他、集合教育や臨床看護研究、プリセプター研修、看護女子教育なども行っています。

看護部で学んだ教育を地域の医療従事者に公開し、地域医療の連携に協力するために地域公開セミナーも行われています。

大牟田病院の特徴

大牟田病院は、日本医療団の結核療養所として1944年に創設され、1947年に国立療養所銀水園として独立、1977年に国立療養所大牟田病院と改称し、2004年に現在の国立病院機構大牟田病院に改称しました。2004年には国立病院機構筑後病院を統合しています。

結核療養所として創設された病院ですが結核患者の減少に伴い、現在では神経難病、重症心身障害、筋ジストロフィー、結核、呼吸器内科、外科を取り扱っています。また、福岡県認知症医療センターが設置されたことで認知症診療の中核病院でもあります。

病院の基本理念は、病む人の気持ちを大切にして安全で最善の医療を提供することです。