長良医療センターの給料と待遇

給与 基本給は大学卒198,300円、短大3年卒188,900円、短大2年卒180,500円で主要手当約58,000円を加算
賞与 年2回3.95ヶ月分
手当 夜間看護等手当・夜勤手当(二交代夜勤約10,500円/1回、三交代夜勤約5,000円/1回)、通勤手当(上限55,000円)、住居手当(借家は最高月額27,000円支給)、診療看護師手当(60,000円/月)、専門看護師手当(5,000円/月)、認定看護師手当(3,000円/月)、救急呼出待機手当(待機1回につき2,000円)、地域手当(地区に応じて基本給の3%から12%)、特殊業務手当(重症心身障がい児(者)病棟勤務25,000円/月、神経・筋ジストロフィー病棟勤務25,000円/月、結核及び精神科病棟勤務12,500円/月、救急救命センター勤務12,500円/月)、扶養手当、時間外勤務手当など
勤務時間 二交代制:日勤9:00~17:45、夜勤17:00~翌9:30
三交代制:日勤8:30~17:15、準夜勤16:30~翌1:15、深夜勤0:30~9:15
週38時間45分勤務
休日・休暇 年間休日110日、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、有給休暇、育児休暇、産前産後休暇など
福利厚生 厚生労働省第二共済組合加入、退職金は国家公務員退職手当法により支給。健康保険、厚生年金、雇用封建、労災保険など
看護師寮 あり
託児所 あり

長良医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 長良医療センター
住所 岐阜県岐阜市長良1300-7
病床数 468床(一般236床、重症心身障害児(者)・筋ジストロフィー等180床、結核52床)
看護師数 277名
交通 JR東海道本線岐阜駅か名鉄名古屋本線岐阜駅で下車し、岐阜バス長良医療センター行終点で下車して約30分、松藾団地行に乗車して23分で長良医療センター口で下車し徒歩5分、東海北陸自動車道関IC、一宮・木曽川ICより約30分
車通勤 可能(職員専用駐車場あり、駐車場代は自己負担)
カルテの種類 電子カルテ

長良医療センターの看護師中途採用実績

4月に採用する定期採用に関しては、独立行政法人国立病院機構東海北陸グループ一括採用試験により決定されますが、中途採用に関してはグループ内の各病院が独自に行っています。

詳細はホームページに掲載され、就職説明会等も随時受け付け中です。

長良医療センターの教育制度

循環器疾患、成育医療、神経・筋疾患(筋ジストロフィー含む)、呼吸器疾患、重症心身障害に関し、専門的医療、臨床研究等を行っているため、これらに対応したレベルの高い看護師の育成を行っています。

院内教育を充実させ国立病院機構看護職員能力開発プログラムに沿った教育を行い、院内教育の一環として助産学科に入学するための助産塾を開講しており、年間を通じて産科医師や看護師による母性関連の講義を行っています。

キャリアアップ支援も積極的に行っており、専門・認定看護師養成コース、次週指導者研修、幹部看護師研修など様々な研修、養成コースを設け、一人ひとりのレベルに合わせ、意欲を持って看護職のエキスパートを目指せる環境を整えています。

長良医療センターの特徴

岐阜県唯一の国立病院として地域に根付いた医療を提供し、15の診療科目と呼吸器、循環器、成育、重症心身障害、神経・筋疾患の分野では高度専門医療を行っています。特に呼吸器疾患に対する医療技術は高く、外科手術、化学療法、緩和療法など呼吸器内科と呼吸器外科が連携を行っており、呼吸器専門の資格や経験豊富な医師が多く在籍しています。

臨床研修指定病院、救急指定病院、地域周産期母子医療センターなど様々な指定を受け、小児救急医療拠点病院としての機関指定も受けており、小児医療に関する様々な診療科目があり総合的な周産期母子医療において岐阜県内外の基幹病院としての役割を果たしています。