鳥取医療センターの給料と待遇

給与 看護師の初任給が2年課程で180,500円、3年課程で188,900円、大卒で198,300円
賞与 年2回(3.95ヶ月)
手当 夜間看護手当、住居手当、通勤手当、扶養手当、時間外勤務手当など
勤務時間 シフト制度(3交代制)日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時15分~1時、深夜勤務12時30時~翌9時15分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 共済組合加入、国家公務員災害補償法の適用あり
看護師寮 あり(宿舎料6,360円)
託児所 あり

鳥取医療センターの基本情報

病院名 国立病院機構鳥取医療センター
住所 鳥取県鳥取市三津876
病床数 548床
看護師数 235名
交通 JR山陰本線「鳥取大学前」駅下車、徒歩25分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

鳥取医療センターの看護師中途採用実績

鳥取医療センターでは、年次募集の他に随時、常勤や非常勤の看護師の求人を出しています。中途採用に応募する場合は、若干名の募集ですが書類選考のあとに面接試験があります。

年次募集に応募する場合は、国立病院機構中国四国グループとして試験をうけることになります。そのグループ内の病院で希望配属病院を選択し、採用試験は第一希望の病院で行います。選考試験は面接と小論文です。

鳥取医療センターの教育制度

鳥取医療センターの看護部では、命の尊厳と人権擁護を元に暖かい看護、そして共に考え、行動し、成長する看護を目指しています。看護部の教育目的は豊かな人間性を培うこと、看護師として主体的に自立することにより自分を成長させることです。

1年目から5年目

5年目までの看護師は、国立病院機構看護職員能力開発プログラムであるActyナースに従って看護師達を指導し、卒業後1年目の新人教育だけでなく2年目から3年目の看護師に看護師としてリーダーシップを発揮できるような研修やプリセプターとして新人を指導するための研修を受けます。また、4年目、5年目の看護師はリーダーとして自分の役割を考えること、看護師をまとめることを学びます。

6年目以降

6年目以降は看護師一人一人の目標に合わせて自主的に研修が受けられるように支援し、精神科看護、重症心身障害者看護、脳卒中リハビリ看護、神経筋難病看護、結核看護など、それぞれが専門分野の知識を磨けるよう様々な研修や看護師がスペシャリストとして力を発揮することが出来るような研修体制を整えています。

現在はチーム医療の推進と接遇の向上を強化することに力を入れています。

鳥取医療センターの特徴

鳥取医療センターは、2005年に独立行政法人国立病院機構西鳥取病院と独立行政法人国立病院機構とっとり病院が統合して誕生しました。現在は、精神疾患、神経、筋疾患、呼吸器疾患、重症心身障害の専門医療機関を持つ病院として機能しています。

中国ブロックの精神疾患では中心となる施設であり、ナショナルセンターと連携して専門的な医療の提供や臨床、教育研修、情報発信などの機能を持っています。

鳥取医療センターは地域の医療機関とも密接に連携をはかって一人ひとりの患者を治すことに力を注ぐとともに、他の国立気候病院と連携をとり高度で専門的な医療を子供から高齢者まで提供できるように力を注いでいます。