天竜病院の給料と待遇

給与 215,700円から229,200円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 夜勤看護等手当、住居手当(27,000円まで)、通勤手当(55,000円まで)、地域手当、扶養手当、時間外勤務手当、特殊手当(重症心身障がい児(者)病棟25,000円、神経・筋疾患病棟25,000円、結核病棟12,500円)など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時15分から午前9時30分
三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時15分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休、国民の祝日、年末年始、年次有給休暇、夏季休暇、産前・産後休暇など
福利厚生 厚生労働省第二共済組合、退職金制度など
看護師寮 あり(敷地内にワンルーム宿舎)
託児所 あり(院内保育所に即入所可能)

天竜病院の基本情報

病院名 天竜病院
住所 静岡県浜松市浜北区於呂4201-2
病床数 338床
看護師数 151人
交通 遠州鉄道西鹿島駅から徒歩約20分、厚生会行バスに乗車し天竜病院停留所で下車して約8分
車通勤 要確認
カルテの種類 電子カルテ

天竜病院の看護師中途採用実績

常勤と非常勤のいずれでも随時の募集が行われていて、選考は常勤で面接と筆記試験、非常勤では面接だけによって決定されます。採用時は非常勤であっても、希望することで常勤職員の採用試験を受験することが可能です。

非常勤看護師の勤務条件は、4週8休制で1週間につき32時間以内の勤務です。給料は時給制で1,580円に設定されているほか、通勤手当や年に2回のボーナスなども支給され、1週間に30時間以上勤務していれば社会保険の加入対象になります。

天竜病院の教育制度

職員能力開発プログラムをベースとする新人から5年目までの看護師を対象とした教育プログラムが計画され、専任の教育担当看護師長が置かれています。

キャリアの1年目から2年目にかけて経年別研修が実施され、3年目から5年目以上で役割別研修を実施、5年目以降になると呼吸管理や老人看護などといった専門分野に興味を持つ人へ向けた院内認定研修のほか、そのフォローアップも行われます。

天竜病院の特徴

ルーツは、1940年に開設された軍事保護院所管の国立結核療養所天龍荘です。2004年に、独立行政法人国立病院機構の病院として発足しました。

専門は、神経難病や結核などの治療です。内科系の診療などを通じて、地域医療にも幅広く貢献しています。

全国的にも珍しく、こどもの心に特化している児童精神病棟が設けられ、医大のほか隣接している天竜特別支援学校とも連携し、児童期から思春期にかけて起こる心の問題に取り組んでいます。