刀根山病院の給料と待遇

給与 看護師の初任給が2年過程で180,500円、3年過程で188,900円、大卒で198,300円
賞与 年2回(3.95ヶ月)
手当 夜間看護手当、地域手当、住居手当、専門看護手当、通勤手当、扶養手当、時間外勤務手当など
勤務時間 シフト制度2交代制:日勤8時30分~17時15分または8時30分~18時30分、夜勤16時30分~翌9時(17時30分~翌9時)
3交代制:日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時30分~1時、深夜勤務12時30時~翌9時15分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 厚生労働省第二共済組合加入、国家公務員災害補償法適用
看護師寮 あり
託児所 あり

刀根山病院の基本情報

病院名 国立病院機構刀根病院
住所 豊中市刀根山五丁目1番1号
病床数 500床
看護師数 300名
交通 阪急宝塚線・大阪モノレール蛍池駅より徒歩5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

刀根山病院の看護師中途採用実績

刀根山病院は年次募集を行う以外に、中途採用で常勤の看護師と非常勤の看護師を不定期で募集しています。試験内容は書類選考と面接です。

年次募集の場合は、国立病院機構近畿グループとして一括で試験をうけることとなり、試験内容は論文と面接試験です。近畿グループとして受けますので、刀根山病院ではない第二希望以下で採用されることもあります。

刀根山病院の教育制度

刀根山病院は1年を通じて多くの研修を行っており、看護師がステップアップできるように支援しています。病棟ではプリセプター制度を用いていますので、プリセプターと一緒に新人看護師は成長することができます。

刀根山病院ならではの専門資格であるUナースと言うものがあり、専門分野において広く深い知識を持つ看護師のことを言います。このUナースや専門看護師、認定看護師の支援を受けることができ、実際の臨床場面で様々なことを学ぶことができます。

また、キャリアアップ推進センターが主催する研修会には積極的に参加することができますし、専門指導や研修企画については院外で発表することが出来る機会が与えられています。国立病院機構には他にも多くの病院がありますから、機構のネットワークを上手に活用することによって様々な種類の研修や学会に出ることも可能です。

刀根山病院には専従の教育担当看護師長がいて、病棟での看護の仕事をしながら看護師が一人一人自分の目指す分野で成長を遂げることが出来るよう、教育担当師長は常に看護師のバックアップに努めています。

刀根山病院の特徴

刀根山病院は1917年に大阪市立刀根山療養所として設立され、当時国民病であった結核専門の療養所、または研究機関として誕生した病院です。現在は、国立病院機構刀根山病院と改称し、神経、筋疾患、呼吸器疾患の専門医療施設として機能しています。

筋疾患や結核の専門病院ですので、県内外から多くの患者が受診に訪れます。

刀根山病院の基本理念は、生命を大切に、人権を尊重し、社会から信頼される最良で最適の医療を目指すことです。100年近く呼吸器や神経、均、整形外科に特化した専門病院と進化を続けてきましたが、今後は地域にある医療資源として専門分野以外にも力を入れ、地域のホームドクターと協力して医療の充実に力を入れていく予定です。