東京病院の給料と待遇

給与 初任給2年卒180,500円、3年卒188,900円、大卒198,300円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 特殊業務手当、夜間看護手当、専門看護手当、夜勤手当、住居手当、通勤手当、地域手当、扶養手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後6時15分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 退職金制度、災害補償、国家公務員共済組合
看護師寮 あり(宿舎型はワンルーム型7,100円かルームシェア5,600円、リース型はワンルームで自己負担23,000円から26,000円)
託児所 あり

東京病院の基本情報

病院名 国立病院機構東京病院
住所 東京都清瀬市竹丘3丁目1-1
病床数 560床
看護師数 293人
交通 西武池袋線清瀬駅からバスで5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

東京病院の看護師中途採用実績

年度ごとの定期募集

新人と中途の職員が定期的に募集され、採用は都立病院全体が主体となって行っていますが配属を希望する病院で採用試験は実施され、その他にも地域会場として福岡や鹿児島といった九州会場で受験することも可能です。

選考と採用

試験は800文字程度の小論文、面接です。合格後については第一希望が勤務先として優先され、決まらなければ他の病院で採用される可能性もあります。

東京病院の教育制度

専任として教育担当看護師長が配置され、基礎から自分が目指している専門分野へ至るまで研修を受けながら知識や技術を身につけられます。成長をサポートする学習には、各看護単位別に機会教育が行われ、個人ごとに主体性を持って自分から学ぶことのできるような研修が企画されています。

1年目では新人コースで職場に対応しながら看護の基本を学び、3年目までにリーダーシップも発揮しつつ後輩の指導や患者さんそれぞれに合わせた看護までもできるようにします。そして、5年目までには後輩を率いチームリーダーとして役割を果たす上で必要なことを学びます。

キャリア5年目以降には、管理分野では看護師長研修など、専門分野では診療看護師や特定看護師などに向けた研修が設けられていて、特に専門とする呼吸器疾患関係では勉強会が充実しています。

東京病院の特徴

1931年に東京府立清瀬病院として設置され、当初は結核の療養を目的としていましたが、現在は呼吸器疾患の機関医療施設や肝疾患の専門医療施設として機能しています。

また、地域から欠かすことのできない国立病院として厚い信頼が寄せられ、北多摩北部にある5つの市からなる北多摩北部保健医療圏においては災害拠点病院としても指定を受けています。