東近江総合医療センターの給料と待遇

給与 基本給が大卒198,300円、短大3卒188,900円、短大2卒180,500円
賞与 年2回3.95ヶ月(6月・12月)
手当 夜間看護手当・夜勤手当(2交替夜勤1回11,000円・3交替夜勤5,000円)、住宅手当(借家月額最高27,000円)、通勤手当(月額最高55,000円)、扶養手当、時間外勤務手当、特殊業務手当など
勤務時間 2交替制、3交替制、日勤(勤務部署による)
休日・休暇 4週8休、年次休暇(有給)、特別休暇(有給)結婚・出産・夏季・子の看護休暇等、病気休暇(有給)
福利厚生 厚生労働省第二共済組合加入、国家公務員共済年金適用
看護師寮 ワンルームタイプ家賃23,000円(冷暖房・電化製品完備)
託児所 院内保育所有(7時45分~22時)

東近江総合医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構東近江総合医療センター
住所 滋賀県東近江市五智町255番地
病床数 320床
看護師数 140名
交通 近江鉄道「八日市駅」から近江鉄道バス「国立病院前」下車1分、名神高速道路「八日市インター」から2分
車通勤 不可
カルテの種類 電子カルテ

東近江総合医療センターの看護師中途採用実績

看護師の中途採用では、常勤・非常勤どちらも募集があります。採用は随時行われており、書類選考と面接での選考です。

ブランクのある看護師には技術研修ができる再開発セミナーもあり、子どものいる参加者は院内保育所も利用可能です。

常勤の勤務体制は各部署により違いますが、2交替・3交替・日勤勤務で、非常勤の場合は1日4~8時間勤務で1週間あたり32時間になります。勤務日や時間は希望を出すことや夜勤専従の勤務も可能です。

常勤の給与は勤務経験や年数により違ってきますが、非常勤の場合は時給1,580円に通勤手当や夜勤時には夜勤手当が加算され、非常勤でも看護師寮や院内保育園が利用できます。

東近江総合医療センターの教育制度

目指している看護

看護部の理念は「よい看護、やさしい看護、心を癒す看護」で、以下のことを目指して看護教育を実践しています。

  • 専門職業人として科学性・倫理性・創造性に基づく看護技術の提供
  • 患者さまに寄り添う感性を磨き看護実践を行う
  • 患者さまや家族の目線にたった満足と安心を得られる看護の提供

新人教育や2年目以降5年目までの実務教育のほか、専門分野別看護部研修委員会が設けられ、救急、がん看護、呼吸器疾患・看護、神経・筋疾患・看護の研修が行われます。

中途採用看護師向け研修

中途採用看護師に向けた研修も行われ、国立病院機構が目指す看護の役割を理解し、看護師として必要な基本的な知識を習得できます。また、再開発支援セミナーは、結婚や出産などでブランクがあり看護技術に不安のある看護師を対象に行われ、看護技術の再確認、最新の医療機器の取扱い方、事故防止・感染防止の実際を習得することを目標としています。

東近江総合医療センターの特徴

昭和16年に八日市陸軍飛行連隊病院として創立され、厚生省に移管後、国立療養所比良病院と統合により国立滋賀病院となりました。平成16年に独立行政法人に移行後、独立行政法人国立病院機構滋賀病院となり、平成25年に東近江市立2病院との集約化と再編を図り、東近江圏域の中核病院として独立行政法人国立病院機構東近江総合医療センターとなりました。

教育・育成に関する研究を行う滋賀医科大学の寄附講座による総合医療研修センターが設置されることや、政策医療、地域医療の充実と同時に急性期医療に対応する病院となり、病床数も220床から320床となっています。

政策医療では、結核を含む呼吸器疾患、がん、エイズ等に関する専門的な医療及び神経難病に関する高度で専門的な医療を行い、他にも、がんや生活習慣病に対し高度な専門的医療、脳卒中・心筋梗塞に関して検診・予防・診断・初期治療の実施を行っています。

また、高機能な二次救急医療、災害医療、へき地医療、周産期医療、高機能な小児二次医療・救急を実施し、22の診療科を持ちながら病診連携・病病連携を推進して地域地域に根ざした医療機関として運営しています。