東徳島医療センターの給料と待遇

給与 基本給188,900円~250,600円(経験や年数に応じて加算あり)
賞与 年2回(6月、12月に3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当3,500円~8,600円/回、専門看護手当3,000円~5,000円、診療看護師手当60,000円/月、救急呼出待機手当2,000円/回、派遣手当4,000円/日、住宅手当~27,000円、通勤手当~55,000円など
勤務時間 3交替:日勤午前8時30分~午後5時15分、準夜勤午後4時30分~午前1時15分、深夜勤午前0時30分~午前9時15分(一部、早出と遅出の変則勤務あり)
休日・休暇 4週8休、年間休日119日、年次休暇(有給)、病気休暇(有給)、特別休暇(有給)、結婚休暇、出産休暇、夏季休暇、子の看護休暇、介護休暇など
福利厚生 国家公務員共済組合法にもとづく共済組合へ加入
看護師寮 あり
託児所 あり

東徳島医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構東徳島医療センター
住所 徳島県板野郡板野町大寺字大向北1-1
病床数 276床
看護師数 180人
交通 JR高徳線板野駅より徒歩約10分
車通勤 可能
カルテの種類 紙カルテ

東徳島医療センターの看護師中途採用実績

東徳島医療センターにおいては不定期ながら、看護師の中途採用が行われています。

育児短時間勤務や院内保育所が設置されていて、ブランクのある看護師が復帰するためのサポートもあります。また、教育担当師長が配置されているため慣れない職場に対するの不安がある時の支えがあります。

東徳島医療センターの教育制度

東徳島医療センターでは、東徳島医療センター付属看護学校を開設していて看護師の育成に力を注いでいます。

看護職員能力開発プログラムに基づいて、新人から卒後5年目まで段階別の卒後教育が行われ、それに加えてキャリア6年目以上の看護師に対しても研修が行われるなど丁寧なプログラムが組まれています。

院外研修や専門研修も豊富で、認定看護師受講支援や認定看護管理者受講支援などがありキャリアアップ支援もしっかり整っています。

東徳島医療センターの特徴

1945年に日本医療団板西療養所として創設され、移管・改称・移行を経て2010年に今の国立病院機構東徳島医療センターになりました。

創設以来、県内で唯一の結核専門病院として地域に貢献してきた病院で、信頼される良質の高度医療を提供することを理念とし、重症心身障害等の難病医療にも積極的に取り組んでいます。