東尾張病院の給料と待遇

給与 基本給202,160円~
賞与 年2回
手当 通勤手当55,000円まで、住居手当27,000円まで、夜間看護手当・夜勤手当三交代夜勤1回あたり4,500円ほか国立病院機構職員給与規定に基づき各種手当を支給
勤務時間 1週間あたり38時間45分勤務
三交替制:日勤午前8時30分~午後5時15分、準夜勤午後4時15分~午前1時、深夜勤午前0時30分~午前9時15分、早出午前7時~午後3時45分、遅出は午前9時30分~午後6時15分か午前10時~午後6時45分
一部病棟で二交替勤務あり:午前8時30分~午後5時15分、午後4時15分~午前9時30分
休日・休暇 4週8休、年間休日124日、祝日・年末年始(12月29日~1月3日)、年次休暇、病気休暇、特別休暇ほか国立病院機構職員就業規則に基づく休暇
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、国家公務員災害補償制度
看護師寮 院内に宿舎あり
託児所 なし

東尾張病院の基本情報

病院名 東尾張病院
住所 愛知県名古屋市守山区大森北2-1301
病床数 233床
看護師数 142名(うち専門看護師1名)
交通 名鉄瀬戸線印場駅下車徒歩約20分、名古屋市バス東尾張病院南停留所下車徒歩約5分、ゆとりーとライン大曽根駅から東尾張病院停留所まで約25分
車通勤 可能
カルテの種類 紙カルテ

東尾張病院の看護師中途採用実績

中途採用は定期的に行われ、東尾張病院の理念でもある「笑顔・優しさ・ゆとり」を採用に重視しているため年齢や過去の経歴などは採用に影響しません。

精神医療の専門的な看護の能力を身に付け、どんな対応もできるという情熱を持った方を募集しています。

東尾張病院の教育制度

国立病院機構東海北陸グループに属しているため、国立病院機構のネットワークで繋がり知識や情報を共有できるほか「看護職員能力開発プログラム」によってスキルアップ・キャリアアップが可能です。一人ひとりの目標に合わせ進めていくので無理なく確実に看護技術を向上させることができます。

精神医療ということで、一般医療と異なる看護が必要とされる場面に対応できるような研修も整っています。

東尾張病院の特徴

1946年10月、日本医療団志段味荘100床として発足後、移管と独立を経て2004年4月に独立行政法人国立病院機構東尾張病院になりました。愛知県で唯一の国立病院機構精神医療機関として高度な医療を提供することは勿論、地域に寄り添い常に患者さんを尊重することを理念に笑顔・ゆとり・安全な看護を提供しています。

2012年7月には児童・思春期専門治療病床も運用開始となり、児童精神医療にも力を注いでいます。