南岡山医療センターの給料と待遇

給与 基本給180,500円~198,300円(経験に応じて基本給の加算あり)
賞与 年2回(6月・12月、計3.95ヶ月分)
手当 夜間看護等手当(3,200~8,600円/回)、専門看護手当(専門看護師5,000円、認定看護師3,000円)、診療看護師手当(60,000円)、救急呼出待機手当(2,000円/回)、派遣手当(4,000円/日)、通勤手当(月額55,000円まで)、住居手当(借家は最高月額27,000円)、時間外勤務手当など
勤務時間 3交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時半~翌1時15分、深夜勤:0時半~9時15分)、一部病棟で2交替制(日勤:8時半~17時15分、夜勤:16時15分~翌9時)
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(最大20日/年)、病気休暇、特別休暇(結婚、産前・産後、保育時間、夏季、災害、慶弔、ボランティア、子の看護など)
福利厚生 厚生労働省第二共済組合加入、退職金制度あり
看護師寮 単身用看護師寮あり
託児所 あり(18時まで)

南岡山医療センターの基本情報

病院名 南岡山医療センター
住所 岡山県都窪郡早島町早島4066
病床数 一般:255床、結核:25床、重症心身障がい:120床
看護師数 239名
交通 JR瀬戸大橋線「早島駅」およびJR山陽本線「中庄駅」から病院行きバスが運行(平日のみ無料送迎バスあり)、早島町コミュニティバス/西コースにて「中山広場」で下車し徒歩約5分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

南岡山医療センターの看護師中途採用実績

南岡山医療センターにおける看護師の中途採用は随時行われ、応募資格は看護師の資格を有するものですが経験年数等については不問です。選考方法は面接および論文試験(800文字程度の小論文)が実施されています。

応募に際しては、指定の履歴書(サイトからダウンロード可)、看護師免許証コピー、養成機関の卒業証書コピーまたは卒業証明書を郵送にて提出することが必要で、合否は10日以内に通知され、採用にいたらなかった場合には中国四国グループ管内の第2希望・第3希望病院を面接試験のみで受験することが可能です。

また、南岡山医療センターでは治験管理室でも看護師の募集が行われることがあります。その場合の業務内容は、一般看護師業務およびPCでのデータ入力や電子カルテ入力などとなっており、おもに治験の実施や患者(被験者)への対応というのがメインです。

非常勤での募集が行われており、時給1,290円、他に手当等あり、勤務時間は8時半~16時(週2)・8時半~15時(週3)の計週32時間、各種保険が完備されています。

南岡山医療センターの教育制度

南岡山医療センターでは、国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」を基本とした経年別の看護師教育が行われ、新卒の看護師に対しては概ね5年間を目安とした新採用者研修、実務研修Ⅰ-1、実務研修Ⅰ-2、実務研修Ⅱ、実務研修Ⅲといった教育プラグラムが企画されています。

6年目以上の看護師に対しては、6~9年目看護師研修、10年目以上看護師研修などが用意されており継続して学ぶことが可能です。

また、個々の目的・目標に合わせてリーダー研修や実地指導者研修、プリセプター研修、療養介助専門員研修、療養介助員研修、業務技術員研修といった幅広い研修の場も設けられ、中途採用者についても中途採用者研修が用意されており組織の概要を知って早期に施設に慣れるための教育支援が行われています。

南岡山医療センターの特徴

南岡山医療センターは、昭和13年に傷痍軍人岡山療養所として創設された後、厚生省への移管や合併などを経て平成16年4月に独立行政法人国立病院機構南岡山医療センターとして発足した国立病院です。

おもに呼吸器疾患や神経・筋疾患、重症心身障がい児(者)、血液疾患などの政策治療を専門としているほか、内科をはじめとする幅広い診療科が設置され、安全で質の高い医療の提供によって地域医療に貢献をしています。

「ゆるぎない信頼、心からの満足」をしてもらえる病院を目指すことがこの病院の理念です。