南九州病院の給料と待遇

給与 基本給180,500円~(経験年数により異なる)
賞与 年2回3.95ヶ月程度
手当 住居手当~27,000円、夜間看護手当3,500円~8,600円/回、特殊業務手当(筋ジス・重心・神経・筋病棟)25,000円、結核ユニット病棟6,250円、残業手当、通勤手当
勤務時間 2交替制:日勤午前8時30分~午後5時15分、夜勤午後5時30分~午前9時
3交替制:日勤午前8時30分~午後5時15分、準夜勤午後4時30分~午前1時15分、深夜勤午前0時30分~午前9時15分
病棟によりその他勤務時間あり
休日・休暇 4週8休制、年次休暇、病気休暇、特別休暇、育児休業、介護休業、休職制度(長期療養等)
福利厚生 国家公務員共済組合健康保険、退職共済年金に加入
看護師寮 あり
託児所 あり(病院敷地内にひまわり保育園、基本保育日は月曜~金曜で第2土曜と翌日日曜は休園、基本保育時間は午前7時30分~午後6時、早朝保育午前7時~、延長保育午後8時まで、対象年齢は0歳~6歳

南九州病院の基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構南九州病院
住所 鹿児島県姶良市加治木町木田1882
病床数 445床
看護師数 330人
交通 JR日豊本線帖佐駅、加治木駅で下車して林田バス、南国バス、鹿児島交通それぞれで国立病院前下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

南九州病院の看護師中途採用実績

南九州病院においては不定期に看護師の中途採用が実施され、子育てがひと段落した人が看護師として復帰する場合にも、それをサポートするために保育施設や育児短時間勤務などの制度があります。

南九州病院の教育制度

南九州病院では政策医療、地域のがん看護に必要なスキルを身につけるための研修が行われ、新人研修ではオリエンテーションから始まり看護技術演習、3ヶ月の振り返り研修、多重課題シミュレーション研修、ローテーション研修が組まれています。

国立病院機構ならではの能力開発プログラムもあり、看護の基礎から専門教育まで幅広く研修が準備されていてスキルアップ・キャリアアップを望むことが可能です。

南九州病院の特徴

南九州病院は1971年の創設当初から結核を中心に診療を行っており、国立病院機構の一員になってからは慢性呼吸不全等の呼吸器疾患やALS等の神経難病などの政策医療に力を注いでいます。

また、肺がんや消化器がんなどの癌を中心とした一般医療にも積極的に取り組み、基本理念である「安全で良質な理想の医療の実現」を地域の人たちへ提供することができるように目指しています。