北陸病院の給料と待遇

給与 180,500円~
賞与 年2回(6月と12月に3.98ヶ月分)
手当 夜勤手当(4,000円~6,000円/回)、超過勤務手当、家族手当、住宅手当(上限27,000円)、通勤手当、調整手当(4,860円)、専門看護師手当など
勤務時間 三交代制:日勤8:30~17:15、準夜勤16:15~翌日1:00、深夜勤0:30~9:15
休日・休暇 年間休暇120日4週8休、年次休暇、忌引き休暇、結婚休暇、産前休暇、産後休暇、夏季休暇、年末年始休暇、子の看護休暇、介護休暇、育児休業、特別休暇、短時間勤務休暇など
福利厚生 国家公務員共済組合の各種保険、育児短時間勤務、各種貸付制度、ユニホームと靴の貸与、院内食堂、売店、看護師寮など
看護師寮 あり(病院より徒歩5分ワンルームタイプ(20,000円~40,000円)単身、家族寮ありエアコン、キッチン完備
託児所 なし(市内保育所空きあり)

北陸病院の基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 北陸病院
住所 富山県南砺市信末5963
病床数 精神科・神経科174床、神経難病40床、重症心身障害40床
看護師数 約210人
交通 JR城端線城端駅より車で約5分、北陸病院行きバスに乗車して約10分
車通勤 可能
カルテの種類 紙カルテ

北陸病院の看護師中途採用実績

北陸病院は随時、看護師の求人募集が行われています。精神疾患や神経の難病、重度の心身障害がある患者さんを看護の対象としているため、言葉で希望を伝えることが難しい患者さんのニーズを満たす看護に対してやる気のある人が求められています。

給与に関しては独立行政法人国立病院機構の規定に基づいて算定され、その他の待遇や勤務形態、労働条件については新人職員の雇用条件と違いがありません。

北陸病院の教育制度

北陸病院では看護職員能力開発プログラムのもと、新人看護師に対しては病棟内でプリセプターによる実地教育が行われ、固定チームナーシングによって新人職員はプリセプターから必要な看護技術や医療知識の教育を受け、チームのメンバーがバックアップし一人前の看護師になるまで支えます。

また、怒りをコントロールする「アンガーマネージメント」の院内研修、包括的暴力防止プログラムといったものへも参加を呼びかけています。

院外研修は出張扱いとなり、認定看護師や専門看護師の資格取得支援もあって研修などへの参加に際しては日給や交通費の支給、更に奨学金貸与制度も整えられています。

北陸病院の特徴

北陸病院は昭和19年に軍人の療養所として診療を開始し、平成16年に独立行政法人化され現在の北陸病院としての診療をスタートさせました。

精神科、神経科、神経内科、内科などの診療や治療にあたっていて、精神科ではデイケアを設立し応急入院指定を受けているなど人々が安全に安心して暮らすための支援もしています。北陸地区の精神・神経基幹病院として、専門的な治療を通して地域医療へも貢献しています。