柳井医療センターの給料と待遇

給与 短大2卒180,500円~
賞与 年2回(6月と12月に3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、夜間看護手当、時間外勤務手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、業績手当など
勤務時間 三交代制:日勤8:30~17:15、準夜勤16:15~翌日1:00、深夜勤0:30~9:15
二交代勤務の場合あり、夜勤の時間が15時間勤務
休日・休暇 4週8休、国民の祝日、年次有給休暇、病気休暇、忌引き休暇、結婚休暇、産前休暇、産後休暇、夏季休暇、年末年始休暇、介護休暇、子育て支援等による休暇など
福利厚生 国家公務員共済加入、国家公務員災害補償法適応、看護師寮、院内保育所完備、各種貸付制度、ユニホームとナースシューズの支給、国家公務員退職手当法による退職金支給、奨学金貸与(所定の規定該当者)など
看護師寮 あり
託児所 院内保育所(ふたば保育所)

柳井医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 柳井医療センター
住所 山口県柳井市伊保庄95番地
病床数 280床
看護師数 約184人
交通 JR山陽本線柳井駅下車、防長バス阿月経由宇積行き国病前下車、自家用車で山陽自動車道玖珂インターから南へ25km
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

柳井医療センターの看護師中途採用実績

柳井医療センターでは、実務経験のある看護師について中途採用を実施しています。採用試験は小論文と面接が行われています。

学習意欲を持っていて、能力開発や自己啓発に力を注ぐことのできるスタッフが求められ、積み重ねてきた経験や実績を活かすことができるよう自己を高めていけるような支援が行われています。

柳井医療センターの教育制度

柳井医療センターの新人教育として、基本的な看護技術や医療知識の習得に加え、集団研修を通じて実務や倫理、看護管理などを学び、事例検討などから実践力も強化し、更にプリセプターによる指導が行われています。

新人から5年間が基礎教育の期間とされていて、その後の継続教育については医療や看護全体を把握するための教育などが続きます。それぞれのキャリアアップに対する思いへ応える研修や学会への参加、資格取得の支援も充実しています。

柳井医療センターの特徴

柳井医療センターは昭和15年に元陸軍西部第八部隊として開設され、結核や呼吸器系疾患の治療に対応していた後、昭和25年に国立療養所柳井病院として再発足して一般病棟での診療も開始しました。

時代の流れやニーズの変化に合わせて重症心身障害、神経難病、神経内科、循環器科、リハビリテーション科などが加えられていき、さまざまな健康段階や疾患に応じる運営が行われています。

平成16年には独立行政法人化され、平成25年には救急体制を強化して急性期循環器疾患、脳血管障害にも対応しています。