福島病院の給料と待遇

給与 月給240,500円~262,000円(主要手当込み)
賞与 年2回(6月・12月)
手当 夜勤手当、住居手当、通勤手当、夜間看護等手当、専門看護手当、救急呼出待機手当など
勤務時間 3交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時半~翌1時15分、深夜勤:0時半~9時15分)、早出・遅出シフトあり
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(年間20日、翌年へ最大20日間繰越可能)
福利厚生 退職金制度あり
看護師寮 あり
託児所 院内保育園あり

福島病院の基本情報

病院名 福島病院
住所 福島県須賀川市芦田塚13番地
病床数 一般:303床(重心:120床、産科:22床、NICU:12床、GCU:12床、その他:137床)
看護師数 191名
交通 車の場合は東北自動車道須賀川インターから約7分、タクシーの場合はJR東北新幹線「郡山駅」から20分・JR東北本線「須賀川駅」から約5分・福島空港から約20分、その他では市内循環無料バスが運行
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

福島病院の看護師中途採用実績

福島病院における看護師の中途採用は随時行われ、平成27年1月現在では常勤、非常勤・パートでの看護師が募集されています。産前・産後休暇、育児休業取得などによる夜勤人員者確保のための募集となっており、おもに夜勤可能な人が求められています。

応募資格として看護師免許が必要ですが、経験年数等については不問。応募に際しては、指定の願書(国立病院機構のホームページ上からダウンロード可)、および看護師資格免許証コピーの提出が必要です。

選考方法は、面接および筆記試験です。

給料については、非常勤・パート勤務の場合では主要手当込みで月給169,000円、常勤の場合は基本給に経験年数等が加算されます。なお、看護師のほかに助産師についても随時募集が行われています。

福島病院の教育制度

福島病院では、国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」に基づいた看護師教育が実施され、このプログラムは1人ひとりが目標に向かって日々学んで行く際の指針として作成されており、就職から初めの5年間を目安として新人コース・実務Ⅰコース・実務Ⅱコースの3コースが設けられています。

新人コースは採用1年目の新人看護師を対象としており、実務Ⅰコースは2・3年目、実務Ⅱコースは4・5年目を対象として機会教育(OJT)と集合教育(OFF-JT)が行われています。実務Ⅱコースからは担当病棟だけではなく、病院内外での研修や講習会などへの参加を通じて専門看護実践能力を高めて行くことができます。

5年目以上の看護師に対しては、さらに看護や教育の専門性を高めるための個々の目的に合わせた研修などが実施されています。

実習指導者や看護教員、看護管理者(副看護師長・看護師長)、医療安全管理者、および認定看護師や専門看護師、治験コーディネーターなどを目指すことが可能です。

福島病院の特徴

福島病院は、昭和16年に東部第66部隊附設陸軍病院として創設されたのを起源とし、平成16年に国立療養所福島病院との統合を経て設立された独立行政法人国立病院機構の運営する国立病院です。おもに成育医療や結核を含む呼吸器疾患、重症心身障がい児(者)医療などを専門としており、エイズ治療拠点病院としても指定がされています。

院内には周産期母子医療センターが設置されており、妊娠・出産から生まれた赤ちゃんのお世話に必要なサポートまでが幅広く支援され、また短期入所事業として在宅の重症心身障がい児(者)を対象としたショートステイも提供されています。

福島病院では地域医療への貢献のほか、付属看護学校の運営など医療従事者に対する教育も積極的に行われ、理念として掲げられている「納得の医療で地域や社会に貢献」に基づいて地域社会から信頼される病院です。