米子医療センターの給料と待遇

給与 基本給は看護師大学卒198,300円、短大3卒188,900円、短大2卒180,500円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 夜間看護手当(夜勤1回につき3,500円~8,600円、夜勤をすると夜間看護手当に夜勤手当が加算され準夜勤・深夜勤の実績に応じて二交代夜勤手当約10,500円、三交代夜勤手当約5,000円を支給)、専門看護手当(専門看護師月5,000円、認定看護師月3,000円)、診療看護師手当60,000円、救急呼出待機手当(待機1回につき2,000円)、派遣手当(業務した日1日につき4,000円)、住居手当(借家の場合で最高27,000円)、通勤手当(月55,000円まで)など
勤務時間 三交代制:日勤8:30~17:15、準夜勤16:30~翌1:15、深夜勤0:30~9:15
二交代制:長日勤8:30~21:30、日勤8:30~17:15、夜勤20:30~翌9:15
休日・休暇 4週8休制、有給休暇(年20日付与、翌年に繰越可能)、夏季休暇(3日)、年末年始休暇、育児休暇、介護休暇、結婚休暇、出産休暇など
福利厚生 厚生労働省第二共済組合加入
看護師寮 あり
託児所 あり

米子医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 米子医療センター
住所 鳥取県米子市車尾4丁目17番1号
病床数 270床
看護師数 174名
交通 JR米子駅より日本交通バス福万線日下行「米子医療センター」下車、JR伯耆大山駅より日本交通バス福万線「米子医療センター」下車、JR米子駅より車で約20分、JR伯耆大山駅より車で約10分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

米子医療センターの看護師中途採用実績

新卒定期採用は国立病院機構中国四国グループ内病院(23病院)の一括試験により採用が決定されますが、中途採用は各病院にて行っており詳細は病院のホームページに掲載されます。

米子医療センターでは、随時常勤看護師の募集を行っています。また現在、夜勤のできる非常勤看護師の募集を行っています。

勤務時間は週32時間で週5日以内の勤務、時給は1,290円です。

米子医療センターの教育制度

専門職業人としての知識を高め、個別性のある質の高い看護を提供できる看護師、政策医療を踏まえた専門知識・技術に熟練した看護師、組織における自己の位置づけと役割を認識すると共に自己教育できる看護師の育成に力をいれています。

国立病院機構独自の教育プログラムとプリセプター制度を併用し、看護の基礎から段階的に学ぶことが可能です。

また、認定・専門看護師の資格取得、スペシャリスト、ジェネラリスト、教育者など多岐にわたりキャリアアップをサポートし、そのための資格取得研修や勉強会、院内認定看護コース、看護管理コースなどの教育コースが用意されており充実した教育環境が整えられています。

米子医療センターの特徴

2014年7月に新病院が完成し、現在の場所へ移転しました。現在は旧病院の解体等などの整備が行われており、2015年3月26日にグランドオープンの予定です。26の診療科目と政策医療分野におけるがん、腎疾患の専門医療施設、肝疾患、呼吸器疾患、長寿医療のネットワークにも参加しています。

また、米子医療センター附属看護学校が併設されており医療従事者の教育にも力を入れています。

更に地域医療支援病院、臨床研修指定病院、都道府県腎臓移植施設、鳥取県エイズ拠点病院などの機能、地域がん診療連携拠点病院としてがんに対しての高度な治療を行い、新病院には鳥取県西部圏域初となる緩和ケア病棟が開設されました。

在宅医療連携拠点病院の指定も受けており、地域の在宅医療に力を入れ地域完結型医療を目指しています。また、食の安全にも力をいれており、鳥取県が制定した「とっとり食の安全認定制度(クリーン・パス)」の厳しい衛星管理基準に合格し鳥取県初の「クリーン・パス施設」に認定されました。