豊橋医療センターの給料と待遇

給与 238,500円~(諸手当含む)
賞与 年2回(3.95ヶ月)
手当 夜勤手当(3交替)5,000円/1回、住居手当~27,000円、通勤手当~55,000円、地域手当(基本給の3%)、特殊業務手当(重症心身障害児(者)病棟)25,000円/1ヶ月ほか
勤務時間 3交替制、休憩60分、実勤7時間45分(1週間あたり38時間45分勤務)、日勤午前8時30分~午後5時15分、準夜勤午後4時15分~午前1時、深夜勤午前0時30分~午前9時15分
休日・休暇 4週8休のシフト制。年次有給休休暇(20日)、夏期休暇(3日)ほか
福利厚生 厚生労働省第二共済組合の共済年金、医療保険ほか
看護師寮 あり(ワンルームタイプ、オール電化、エアコン、バストイレ)賃料7,300円、共益費3,000円、駐車場代3,000円
託児所 あり(0~3歳対象、金曜日は夜間保育対応)

豊橋医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 豊橋医療センター
住所 愛知県豊橋市飯村町字浜道上50
病床数 414床
看護師数 273名
交通 JR東海道本線・名鉄名古屋本線「豊橋駅」下車、豊鉄バス飯村岩崎線で約25分、「豊橋医療センター」下車
車通勤 可能
カルテの種類 紙カルテ(電子カルテ導入を検討中)

豊橋医療センターの看護師中途採用実績

豊橋医療センターの常勤看護師募集は、毎年4月の新規採用の場合、新卒・既卒とも国立病院機構東海北陸グループ一括で行われています。試験は面接と小論文で、例年7月下旬から8月に実施されています。

豊橋医療センターの2015年4月入職は30名、2016年4月入職は15~20名を予定しています。こうした一括採用とは別に、常勤看護師の中途採用も随時行われています。

中途採用の場合、病棟勤務のほか、日勤のみで勤務できるオペ室や内視鏡室など職場を限定した求人もあります。また、急性期対応の医療施設ではありますが新卒や未経験の応募も積極的に受け付ており、こうした点も同センターの特徴です。

豊橋医療センターの教育制度

豊橋医療センターでは、国立病院機構の看護職員能力開発プログラムに沿って経験や能力に応じた体系的な教育・研修が行われています。中でも新人や未経験者が職場でリーダーシップを発揮し、自発的な看護が実践できるようにする、いわば「一人前」の看護師を育成するための教育に力を入れている点が特徴です。

経験5年目までの看護師が受講する看護実践の基礎をつけるまでの研修では、技術や知識だけでなくメンタル面でのサポートも重視。プリセプターや実施指導者による教育はもちろん、シフト制勤務により発生してしまうプリセプター不在時の代役配置や教育研修室に教育担当師長が在籍し、悩みごとの相談にのるなど職場全体で新卒者や未経験者を支えていく体制が組まれています。

こうした背景には、かつて看護師不足により病棟の一部が閉鎖寸前にまで追い込まれた危機を職場全体で支え合いながら乗り越えた経緯があるのです。

一定の基礎が身についている看護師には、キャリアパス制度によって認定看護師や専門看護師、師長、教員などそれぞれの目指す方向に沿った教育・研修が用意され、キャリアアップを図ることができます。

また、豊橋医療センターはがん治療に力を入れており、がん看護や緩和ケアについての専門知識や技術も学ぶことが可能です。

豊橋医療センターの特徴

豊橋医療センターは、2005年豊橋病院と豊橋東病院が合併して設立された病院です。国立病院機構のひとつとして、がん、緩和ケア、循環器、内分泌、糖尿病などの治療に重点を置いた医療施設です。

中でもがん放射線治療では、最新式の医療機器の導入や合併症対応なども含めた最新治療の実施・研究を行っており、がん治療拠点病院のひとつともなっています。併せて東三河南部地域の基幹病院として、内科、外科、小児科など一般的な診療科から心臓血管外科、呼吸器外科、精神科、リウマチ科など症状に合わせてより専門的な診療・治療を受けられる診療科まで22の診療科をもち、地域の救急医療から重度心身障害児(者)医療などまでを含めた幅広い分野への対応を行っています。

同センターでは「心のこもった医療」と「思いやりのある看護」で地域の医療ニーズに応えていくこと理念とし、今後は救急医療や手術分野の強化をはかり、急性期に対応する病院としてより一層地域医療に貢献していく方針を打ち出しています。