笠幡病院の基本求人情報

病院名 医療法人高友会 笠幡病院
住所 埼玉県川越市笠幡4955番地1
病床数 療養型病床136床(1病棟60床、2病棟40床、3病棟36床)
看護師数 職員数140名、看護師数35名
交通 電車を利用する場合、JR川越線笠幡駅より徒歩15分、東武東上線霞ヶ関駅よりタクシーで15分、西武新宿線南大塚駅よりタクシーで20分、
送迎バスを利用する場合、東武東上線霞ヶ関駅南口ロータリー内(改札口を出て左側)と笠幡病院とを結ぶ送迎バスがあります。
自動車を利用する場合、関越自動車道川越インターを狭山方向に出て信号4つ目を右折
車通勤 可能
カルテの種類 紙カルテ
給与 正看護師219,100円~254,800円、准看護師184,800円~214,600円(経験・経歴参照の上優遇あり)
賞与 年2回(7月・12月)、計3.4ヶ月分
手当 交通費(月上限50,000円まで)、マイカー通勤手当(距離に応じて支給)、夜勤手当(13,000円)、当直手当、残業手当、住宅手当(15,000円)など
勤務時間 2交代制、日勤8:30~17:30、夜勤 17:00~9:00(早番・遅番あり)
休日・休暇 平均4週10休、年次有給休暇、年末年始休暇(4日)、慶事休暇、特別休暇、出産・育児休暇、介護休暇など
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、療養費見舞金制度(職員またはその家族が当院を受診した場合、申請することによって治療費が還付されるシステム)、退職金制度(勤続3年以上に適用)、軽井沢に一人1,500円で利用できる保養所あり(カラオケルーム、バーベキューコーナー)
看護師寮 単身寮あり
託児所 なし

笠幡病院では、看護師の中途採用をおこなっています。

中途採用者の給与に関しては、院規定に基づいて、職歴や経験などによって優遇されます。賞与は、7月と12月にあり、単身寮も完備しています。笠幡病院は、月に平均で10日の休日があり、働きやすい環境が整っています。

勤務は2交代制で、月平均4回程度の夜勤があります。夜勤回数や勤務体系などについては、相談に応じるということです。

看護師、准看護師以外にも薬剤師、理学療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、看護補助などの職種に募集が出されています。

笠幡病院の教育制度

笠幡病院の看護部では、「確かな技術と温かい心で主体的に専門職として活動できる人材を育成する」ということを教育理念にしています。

AMG(上尾中央医科グループ)共通キャリアラダーシステムを導入しており、さまざまなキャリア開発に励むことが出来る体制を整えています。

中途採用の看護師教育としては、能力に合わせてマンツーマンのトレーニング期間を設け、職場に適応できるようなサポートをおこなっています。

働き始めて1ヶ月から2ヶ月後にラダーレベル判定や技術チェックをして、適した研修への参加をサポートしています。院内研修は充実しており、院外研修や看護研究への参加も支援しています。

上尾中央医科グループのネットワークを活かし、グループ病院での急性期医療の研修を受講したり、認定看護師を招いて出張勉強会を開催したりするなどといったこともおこなってきています。

笠幡病院の特徴

笠幡病院は、埼玉県川越市内の環境が良い場所にある療養型病院です。24時間面会を取り入れていて、患者やその家族ともコミュニケーションを図って「愛し愛される病院」を目指しています。

開放型病院というシステムを取り入れており、この地域の他の病院やクリニックなどと連携しています。そして、さまざまな医療相談も受け付け、退院後のフォロー体制も整っています。

地域住民のニーズに対応している医療の提供や疾患の治療だけでなく、患者自体を作らない病院を目指して、積極的に予防医学にも取り組んでいます。

診療科目は、内科、神経内科、リハビリテーション科、一般歯科、歯科口腔外科、小児歯科、皮膚科、麻酔科があり、療養型病床が136床あります。医療の質の向上を図るだけではなく、訪問サービスを充実させ、感染防止対策や医療安全などの強化にも努めている地域密着型の医療機関です。