富家千葉病院の基本求人情報

病院名 医療法人社団ふけ会 富家千葉病院
住所 千葉県千葉市稲毛区長沼原町277番地1
病床数 157床(療養病棟97床、特殊疾患病棟34床、回復期リハビリ病棟26床)
看護師数 82人
交通 JR総武本線稲毛駅下車、千葉モノレールスポーツセンター駅下車、京成バス山王町行き長沼原公園下車
車通勤 可能(無料駐車場あり)
カルテの種類 紙カルテ
給与 基本給:205,000~
主要手当:72,000円~
賞与 年2回/3.25ヶ月分
手当 夜勤手当:13,000円
休日手当:1回13,000円
調整手当:35,000円
勤務時間 2交代制:日勤8時30分~17時30分、夜勤16時45分~翌9時15分
休日・休暇 年間休日120日、4週8休制、年次有給休暇(20日)、慶弔休暇、育児休暇、産前産後休暇、年末年始休暇など
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など各社会保険への加入、退職金制度(勤続3年以上)あり、制服貸与、職員旅行など
看護師寮 あり
託児所 あり
1日500円

正規採用では、毎年10人から20人程度の採用枠で採用してきた実績があります。

応募資格は看護師免許を取得していること、あるいは採用年度に取得見込みであることです。正看護師、准看護師、両方の資格から募集をかけていて、正規職員、非正規職員の両方を募集をかけています。

通常の交代勤務をこなす常勤職員から日勤常勤、非常勤、夜勤専従などさまざまな働き方があります。非常勤の場合、時給は1,6000円程度となっています。

富家千葉病院の教育制度

看護部における理念は、患者さんに安全で安楽な看護を提供することです。そのために医師、看護師、介護職員、リハビリスタッフ、栄養士、MSWなどさまざまな職員が連携し、チーム医療を行っています。

教育には各種研修会への参加、院内勉強会への参加を促しており、看護師が常に向上心を持って質の高い看護を提供できるよう力を注いでいます。

特に院内研修は月1回以上実施されています。ブランクがある看護師が復職しても、すぐに現場の雰囲気と知識、技術に追いつけるための環境が整っています。

院外研修として日本療養病床協会、解析学会、慢性期医療認定看護師研究会などが主催する研修会、学会への参加が推奨されています。療養に力を入れている病院であるため、療養についての知識、技術を身につけやすい教育が整っています。

富家千葉病院の特徴

医療法人社団ふけ会 富家千葉病院は、1998年に開設された病院になります。

現在は内科、皮膚科、人工透析外科、リハビリテーション科、整形外科など5科の診療科を持つ病院となっています。この通常の病院に附属施設、関連施設として、デイサービスの富家ヒーリングヴィラリゾート、富家居宅介護支援センター、特別養護老人ホーム四街道苑などがあります。

そして独自の取り組みとして、Wiiリハビリ評価が挙げられます。任天堂WiiのバランボードおよびWiiリモコンを使い、リハビリテーションの効果判定が手軽になりました。身体重心測定や3次元運動解析が可能となり、何より入手が容易であること、安価であることが評価されています。

通常リハビリテーションに使う機器は高価なものが多く、その上入手先が限られて患者さんが直接手に入れることが難しいという問題点がありました。その点Wiiは市販品ですし、バランスボードは8,000円ほど、リモコンは4,000円ほどで購入可能です。病院内はもとより、自宅にいながらにしてデータ測定が可能となりました。

病院側はWii用のリハビリ効果判定のプログラムを配布しているだけで、病院側の負担が軽くて済むこともメリットのひとつとなっています。こうして容易に安価にリハビリテーションのデータ収集が可能となり、集めたデータは研究や治療のために使われています。

難点は始まったばかりの取り組みであることから、データの有効な解析方法が見つかっておらず、手探りでマニュアル作成をしているという点です。これから先データが順調に集まっていけば、有効な解析手段が見つかることでしょう。