旭川医科大学病院の給料と待遇

給与 専門卒 221,800円
短大卒 221,800円
大卒 232,200円
賞与 年2回/3.89ヶ月
手当 通勤手当(最高月月55000円)、住居手当、扶養手当、寒冷地手当、休日手当、超過勤務手当など
勤務時間 三交替制
日勤 午前8時30分~17時15分、準夜勤 16時30分~-翌1時15分、深夜勤 0時30分~9時15分
休日・休暇 週休2日制、有給休暇は初年度15日、3年目20日 4週8休、病気休暇、リフレッシュ休暇、結婚休暇、産前・産後休暇、忌引休暇などあり
福利厚生 赴任旅費、育児・介護休業制度、共済組合の給付制度や貸付制度および保養施設等が利用可、24時間利用可能な図書館、臨床シミュレーションセンターなど
看護師寮 あり
単身女性専用 
宿舎費無料、駐車場料・共益費・光熱水料別途。ワンルームタイプ、バス・トイレ・暖房機・給湯器・ベッド・照明・ガスレンジ・収納棚備え付け
託児所 24時間受け入れ可能な託児所が敷地内にあり

旭川医科大学病院の基本情報

病院名 旭川医科大学病院
住所 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号
病床数 602床
看護師数 770名
交通 旭川電気軌道バス 系統80,81番のりば 1条通り7丁目12番 行先:医大病院前 所要時間約28分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

旭川医科大学病院の看護師中途採用実績

外来や病棟、手術室など看護業務を行う常勤の看護師は、年度ごとに募集が出されます。2014年は新卒と既卒の看護師を合わせて80名の募集が出されました。例年7月から11月にかけて面接が行われて採用者が決定されますが、2014年の面接は10回でした。

応募が締め切られた後に書類選考が行われ、書類選考が通れば面接となります。常勤の看護師以外には不定期ですが非常勤の職員として若干名の募集が出ることがあります。

旭川医科大学病院の教育制度

旭川医科大学病院では創造性の豊かな看護職の育成に力を入れています。新人教育においては、あらゆる面からサポート体制がとられています。

1つに、プリセプターシップ性として、新人看護師が職場に適応してナースとして自立した仕事が行えるよう、全スタッフが支援して技術や知識の習得をサポートします。

その他、専従の看護職キャリア支援教育担当がいますので、各部署の特徴ある技術や課題についても集合研修や部署教育で技術を共有できいるようにし、事例検討では研修者どうしが振り返って検討することで学びを深めます。また、日頃の疑問も研究に結び付けられるよう、看護職キャリア支援も行っています。

各部署には教育担当者が2名から3名おり、新人教育は万全です。中途入社の看護師に対しても、ブランクがあっても仕事に復帰しやすいように研修が行われますし、育児休業者のためには復職支援プログラムがあります。多くの研修を行うことで、患者一人一人に合った質の高い看護が提供できる看護師の育成に力を入れている病院です。

旭川医科大学病院の特徴

1976年に旭川医科大学医学部附属病院が開院され、2005年に旭川医科大学病院に名称が変更されました。2010年10月には救命救急センターを設置し、2011年3月30日には地域周産期母子医療センターの認定も受けています。旭川医科大学病院は特定機能病院の承認も受け、世界トップレベルの医療の提供を一番に考えています。

基本理念は、大学病院としての使命を認識し、辞める人の人権や生命の尊厳を重視した先進医療を行い、次世代を担う医療人を育成することです。先進医療を提供しつつも、辞める人の人権を尊重し、患者中心の医療に心がけています。