近畿大学医学部奈良病院の給料と待遇

給与 平成26年度新卒初任給例は大卒で基本給228,250円と諸手当47,110円、短大3年卒で基本給215,600円と諸手当46,140円、短大2卒で基本給205,370と諸手当45,350円。

助産師の場合、大卒と短大3年卒後1年コースで基本給228,250円と諸手当54,650円、短大2年後1年コースで基本給221,760円と諸手当54,150円。諸手当は夜間看護手当、助産師手当、超過勤務手当10時間分を含む。

賞与 年2回支給 年間7.3ヵ月相当(平成24年度実績)
手当 宿日直手当、超過勤務手当、通勤手当、家族手当、住宅手当、夜間看護手当(準夜・深夜)
勤務時間 日勤 / 8:30~17:00
夜勤 / 16:30~9:00
その他(早出・遅出)、週40時間
休日・休暇 初年度12日(4月採用) / 次年度以降20日
夏期休暇(初年度5日、次年度以降7日)
年末年始休暇(6日)
創立記念日(11/5)
その他月2回土曜日勤務免除
福利厚生 会員限定の特典として育児・介護支援、フィットネス、映画館、国内外の宿泊施設などのサービスが利用できます。
看護師寮 あり
民間の賃貸マンションを借りあげ看護師寮としています。
託児所 あり
保育施設「Kid’s Garden ぷ・ら・む」

近畿大学医学部奈良病院の基本情報

病院名 近畿大学医学部奈良病院
住所 奈良県生駒市乙田町1248-1
病床数 518床
看護師数 461名
交通 近鉄生駒線「東山」駅より徒歩10分、「近畿大学医学部奈良病院」行のバスでは約5分
車通勤 要確認
カルテの種類 電子カルテ

近畿大学医学部奈良病院の看護師中途採用実績

近畿大学医学部奈良病院では新卒看護師の募集が主として行われていますが、中途採用、アルバイトの看護師の募集も行われています。

採用試験は6月から12月までで、試験日の都合が合わない場合は相談によって対応されます。

近畿大学医学部奈良病院の教育制度

近畿大学医学部奈良病院では、指導者であるプリセプターがマンツーマンで新人看護師のプリセプティーに対して一定期間指導を行うプリセプターシップが行われています。指導者であるプリセプターがモデルをしながら実践していくので、看護師一人ひとりの看護実践能力を高めることが可能です。看護能力の段階を踏んでいき、着実なキャリアの向上へ役立てることができています。

そのほかに専門看護師や認定看護師、看護教育委員会や看護部各委員などが担当している院内教育ではフォロー研修やリフレッシュ研修、ローテーション研修、技術フォロー研修などが行われています。院外教育では日本看護協会や大阪府看護協会、厚生労働省、文部科学省が主催する研修や学会などにも積極的に参加することができ、キャリアアップにつながる環境が整っています。専門看護師、認定看護師、ジェネラリストの資格取得も可能です。

近畿大学医学部奈良病院の特徴

近畿大学医学部奈良病院は、平成11年10月1日に開院しました。自然にあふれる立地にある近畿大学医学部奈良病院は、地域医療でも中核を担っています。

職員数は579名、診療科数は26があり新生児集中治療室(NICU)や難病治療センター、悪性新生物治療センター、がんセンターなども開設されています。平成15年には地域災害拠点病院、平成19年には地域がん診療連携拠点病院に指定されています。平成17年には、通院治療センターの運用が開始されました。院内では臓器、疾患別に専門医がいて、チームを組んで治療するセンター方式が採用されています。

また、近畿大学医学部奈良病院には体外衝撃波結石粉砕装置(ESWL)、3Dエコー、前立腺肥大治療装置(高温度治療法)などといった数多くの最新の医療機器や設備が完備されていて、それぞれの患者さんへ迅速で最適な治療が提供されています。電子カルテも導入されているため、病歴管理も効率的に行われています。