東海大学医学部付属東京病院の給料と待遇

給与 286,706円~ 諸手当含む
賞与 年3回支給 昇給は年1回
手当 都市手当、職務調整手当、夜間看護手当、深夜勤務手当、時間外手当、通勤手当、住宅手当、扶養家族手当等
勤務時間 二交代:日勤8:30~16:45 夜勤16:30~翌8:45
育児の為の短時間勤務制度あり
休日・休暇 月に9~12日の休暇あり 夏季特別休暇、建学記念日、年末年始特別休暇、病気休暇、年次有給休暇、介護休業、育児休暇など
看護師寮 あり ワンルームマンション形式 単身用
福利厚生 日本私立学校振興・共済事業団の健康保険、年金加入、各種社会保険加入、看護師宿舎、退職金制度(勤続1年以上)、被服貸与・ナースシューズ支給、クリーニングは病院負担、奨学金制度あり、東海大学宿泊保養所や提携施設あり等
託児所 あり 院内保育室

東海大学医学部附属東京病院の基本情報

病院名 東海大学医学部附属東京病院
住所 東京都渋谷区代々木1-2-5
病床数 101床
看護師数 約85人
交通 JR山手線・総武線代々木駅下車、西出口より徒歩4分 小田急線南新宿駅下車徒歩5分 渋谷コミュニティバス「ハチ公バス」北参道入り口下車徒歩1分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

東海大学医学部附属東京病院の看護師中途採用実績

東海大学医学部付属東京病院では、新年度の新規職員採用試験と看護師の中途採用が同時に行われ、新卒と既卒の看護師を合わせて200名の募集が行われています。

教育については生涯にわたる継続が必要であるという考えのもと、既卒看護師の中途採用でも継続教育があります。

東海大学医学部付属東京病院の風土に早くなじむことができるよう、現任スタッフがしっかりサポートしていきます。

東海大学医学部附属東京病院の教育制度

東海大学医学部附属東京病院においては、高い専門性を持ち科学的な根拠にもとづく看護の実践、患者さんが癒される温かさのある看護提供をすることのできる人間性も持った看護師の育成が目指されています。

プリセプター制が導入されていて、教育担当のプリセプターが基本的な看護技能や看護師としての姿勢、態度についても指導します。プリセプターを支える教育担当者もいて、見守りや助言を受けながら一人前の看護師を目指していきます。

また、東海大学病院では看護職員人事制度が採用されていて、人事考課と役割遂行能力評価などに基づいて10等級から1等級という等級の資格制度を設けています。自己啓発や業務遂行に熱心なスタッフへは、適正な評価や人事が行われるような評価制度になり、スタッフ同士で切磋琢磨し刺激になる関係から自己啓発、キャリア開発へと繋がっています。

そのほか、新人看護師が抱えている問題や課題を話し合うフォローアップ研修によって、ステップアップへの助言や指導が得られます。

東海大学医学部附属東京病院の特徴

東海大学医学部付属東京病院は、1983年に渋谷区に東海大学付属病院として設立されました。東京都の中心にある大学病院として、首都圏で働いている人たちのニーズに応えるべく、仕事への支障がないように治療を受けることができ、また高度な先進医療を手軽かつスピーディに提供し、都市型医療の確立を目指しています。

呼吸器、循環器、消化器、肝臓、脳神経、乳腺などの専門医療チームを組織していて、患者さんには生活の質を落とさないままでの治療をしています。