東京女子医科大学附属青山病院の給料と待遇

給与 261,400円~271,500円(経験者は年数による職歴加算あり、主要手当含む)
賞与 年2回(6月・12月、計5.03ヶ月分)
手当 夜勤手当、資格手当、住宅手当、皆勤手当、エキスパートナース手当、通勤手当
勤務時間 2交替制(日勤:8時~16時、夜勤:16時~翌8時)
休日・休暇 4週7休制、祝祭日、創立記念日(12/5)、年末年始(12/30~1/4)、有給休暇(初年度10日(試用期間後)、2年目以降11日~21日)、夏期休暇(5日間)、慶弔休暇
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険、財形貯蓄、団体定期保険、生命保険、
損害保険(団体扱い)、慶弔金制度、退職金制度あり
看護師寮 ワンルームマンションタイプの看護師寮
託児所 24時間体制の院内保育所

東京女子医科大学附属青山病院の基本情報

病院名 東京女子医科大学附属青山病院
住所 東京都港区北青山二丁目7番地13号プラセオ青山ビル
病床数 42床
看護師数 不明
交通 東京メトロ銀座線「外苑前」3番出口(西側神宮球場方面)および2番出口(青山通り方面)から徒歩約2分
車通勤 不可
カルテの種類 電子カルテ

東京女子医科大学附属青山病院の看護師中途採用実績

東京女子医科大学附属青山病院における看護師の中途採用は、随時行われています。2015年1月現在は、常勤(夜勤あり)の看護師が募集されていて、募集人員は若干名、25~35歳くらいまでの看護師資格を持つ3年以上の病棟経験者が求められています。

給料は経験年数によって異なり、一例として、経験3年の場合で月給312,00円~(主要手当含む)、経験8年の場合で月給332,000円~(主要手当含む)などがあげられています。

応募に際しては、履歴書・身上書(写真貼付)、看護師免許証の写し、成績証明書、最終学校卒業証明書、健康診断書(所定様式)の提出が求められ、選考試験は随時行われており、書類選考合格者に対して適性検査・面接・小論文が実施されています。

事前に病院見学なども受け付けられているため、希望者は問い合わせてみると良いでしょう。

東京女子医科大学附属青山病院の教育制度

東京女子医科大学附属青山病院は、東京女子医科大学が運営する附属病院の1つであることから附属病院で共通した教育制度が導入されています。

主に院内研修・OJT・院外研修を中心とした個々の目的に合った様々な研修制度が設けられており、充実した継続教育が提供されています。

キャリア開発プランは看護師1人ひとりのレベルに合わせて作成されており、知識・技術・態度・リーダーシップなどといったスキルを段階的に身につけて行くことができます。

プリセプターシップでは、新人看護師教育を担当することによって自身のスキルを見つめ直し、リーダーシップなどの能力を高めて行くことができます。また、より専門的なスキルアップ・キャリアアップを目指す昇格制度やエキスパートナース制度なども設けらており、院外での研修や講座への参加、看護留学なども積極的に支援され、休職制度を利用して専門看護師や認定看護師の資格取得を目指す看護師も多くいます。

東京女子医科大学附属青山病院の特徴

東京女子医科大学附属青山病院は、東京女子医科大学が3番目に開院した付属医院の1つです。内科・泌尿器科・乳腺科などの専門的な診療科が設置されているほか、最新の医療機器による健康診断や会員制のトータルヘルスケアなどが提供されているのが特徴です。

また、睡眠障害の専門医療機関として睡眠総合診療センターが設置されており、睡眠時無呼吸症候群(SAS)や過眠症、不眠症などといった睡眠障害に関する診断・治療・相談が行われています。

健康診断では、最先端の診断システムや医療機器を活用した人間ドッグ・脳ドッグが行われ、乳がんの早期発見を専門とする乳癌検診センターは、マンモグラフィ検査施設画像認定で「A」評価を得ているなど高い評価がされています。

東京女子医科大学病院(本院)とも連携した、安心・安全・最良の医療の提供に定評があります。