東京女子医科大学病院の給料と待遇

給与 看護師(4年制)・助産師:271,500円
看護師(3年制):266,300円
看護師(2年制):261,400円
(すべて基本給+主要手当)
賞与 年2回(6月・12月。前年度実績5.45ヵ月)
手当 看護師手当15,000円、病棟手当5,000円、助産師手当3,000円、手術室手当8,000円(手術室、救急外来、ICU、CCU勤務者に限る。5年以上の勤務者には8,000円加算)、夜勤手当8,300円/回、住宅手当25,000円(賃貸、家賃が50,000円未満の場合は家賃の50%)、扶養手当(配偶者18,500円、その他家族6,500円)、エキスパートナース手当30,000円、通勤手当上限330,000円(年2回通勤定期代6ヶ月分を支給)
勤務時間 二交代制1週実働39時間勤務
日勤8:00~16:00、夜勤16:00~翌8:00
休日・休暇 4週7休制、祝日、創立記念日、年末年始(6日間)、有給休暇(初年度10日、最高21日間)、夏期休暇、慶弔休暇他
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働者災害補償保険加入
看護師寮 病院近くに1棟借り上げのワンルームタイプマンションが10棟以上。合計680室(寮費12,000円~58,000円)
託児所 敷地内に24時間対応の保育所あり。産後8週から復職可能。

東京女子医科大学病院の基本情報

病院名 東京女子医科大学病院
住所 東京都新宿区河田町8-1
病床数 1,423床
看護師数 1,300名
交通 本院:JR新宿駅より都バス「東京女子医科大前」下車、都営地下鉄新宿線曙橋駅下車徒歩8分、都営地下鉄大江戸線若松河田駅下車徒歩5分
車通勤 不可
カルテの種類 電子カルテ

東京女子医科大学病院の看護師中途採用実績

4月の定期採用以外でも年間を通じて看護師、助産師の募集を行い、6月から12月にかけて大学病院、東医療センター、八千代医療センターの3か所で複数回にわたり審査会を行っています。また、8月9月は地方都市でも審査会を実施しています。

東京女子医科大学病院の教育制度

「全人的ヒューマンケアの担い手となる看護師」の育成を目指し、実践、マネジメント、教育・指導、倫理、研究、対人関係、キャリアの7つを軸に教育を実施しています。看護実践を通じて基本的な知識、技術、態度を身に付け、主体的に看護を実践できるようにし、そのための院内研修や研修プログラムが非常に充実しており、認定看護師研修センターも設けています。

また看護学部、大学院などへの進学のための休職制度、短時間就労制度など働きながら学ぶことができる制度も充実しています。

認定看護師、専門看護師の育成はもちろんのこと、8年以上の臨床経験と専門分野の看護経験を持ち、厳しい試験に合格した看護師に与えられる東京女子医科大学独自のエキスパートナースの育成にも力をいれています。

東京女子医科大学病院の特徴

臓器別・センター制による専門性の高い先進医療を行い、特定機能病院、地域がん診療連携拠点病院、東京都災害拠点病院など各種法令による指定、認定病院であると共に、各学会の認定施設にも指定されました。

50以上の診療部門があることから様々な疾患に対応することができ、外来患者数一日平均約4,200名、入院患者数一日平均約1,200名と非常に大規模な病院で、全国各地から患者さんが集まってきます。

附属医療施設として東医療センター、八千代医療センター、先進・高度医療の開発・臨床応用のための臨床研究支援センター等があり、まさに日本の医療を支える病院のひとつです。2010年には東京DMATの指定も受け、1次~3次救急に24時間対応できる体制も整っています。

大学病院としての使命として優秀な医療人を育成する教育機関としても力を入れており、特に東京女子医科大学の特性を活かした女性医療人の育成にはより積極的に取り組んでいます。