東京医科大学茨城医療センターの給料と待遇

給与 基本給(4年制)214300円、(3年制)208800円、既卒者経験加算あり
賞与 年2回(6月・12月約5ヶ月分)
手当 通勤手当(限度額50000円)、住宅手当(限度額23000円)、調整手当2800円、変則夜勤手当9200円、年末年始手当(1回につき8000円)、超過勤務手当他
勤務時間 日勤8時30分~16時40分、土曜日8時30分~11時40分、変則夜勤16時30分~8時50分
休日・休暇 4週6休、日曜・祝日・年末年始(12/29~1/3)・4月第三土曜日(大学創立記念日代替日)
福利厚生 健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
看護師寮 女性のみ入寮可で病院より徒歩2分、個室、冷暖房完備、光熱費個人負担、月額5000円
託児所 あり

東京医科大学茨城医療センターの基本情報

病院名 東京医科大学茨城医療センター
住所 茨城県稲敷郡阿見町中央3-20-1
病床数 501床
看護師数 425人
交通 土浦駅より関東鉄道バス約15分阿見中央公民館行き「東京医科大学茨城医療センター前」下車徒歩1分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

東京医科大学茨城医療センターの看護師中途採用実績

東京医科大学茨城医療センターの看護師募集は、新卒・既卒者含め常時求人があります。雇用形態の正社員、臨時職員の募集があり、臨時職員は日勤での勤務になり、時給は1400円です。また、夜勤専従の看護師求人もあります。

臨時職員は随時募集があり、1次で書類選考、2次で筆記試験・面接試験です。また、施設見学も対応しています。

東京医科大学茨城医療センターの教育制度

看護専門職として質の高いケアを提供するのに必要な知識・技術・態度の向上を図ることを教育理念に、安全・安楽な看護ができる人材の育成を目指しています。

新人教育では、新人看護師一人ひとりにプリセプターを配置し、知識・技術の指導・評価だけでなく業務上での不安や悩みの相談や支援を行い、各部署にはアソシエイトナースや病棟指導係を配置し、精神的にサポートを行います。また、新人教育委員会、教育委員会などを設け看護部全体、病院全体で新人看護師をサポートしています。

看護師の教育体制では、看護実践、マネジメント、人間関係、教育研究、安全対策、感染対策、看護記録を臨床実践能力の7項目として設定し、教育カリキュラムの柱としてクリニカルラダーに沿って自分に合った研修を選択し学ぶことができます。

また、正義・友愛・奉仕、患者権利、尊厳、専門職の責任、社会的責任という5項目を研修内容に関連づけながら学びを深めます。

ステージIでは部署内での日常的な看護実践、ステージIIでは看護単位でリーダーの役割を担い、新人・後輩看護師のサポートができること、ステージIIIでは部署内の看護の専門家としてリーダー的役割を発揮した看護実践を目指します。

東京医科大学茨城医療センターの特徴

前身は茨城県農業会新治協同病院阿見分院で、昭和23年に学校法人東京医科大学が附属病院として東京医科大学霞ヶ浦病院を開院しました。平成21年に、病院名を東京医科大学茨城医療センターへと改めました。内科・神経科・放射線科など20の診療科目を有し、地域医療において大きな役割を担っています。

茨城県の地域がん診察連携拠点病院、肝疾患診療連携拠点病院にも指定され、地域の急性期病院としてがん、総合救急、高齢者・機能障害者、小児・周産期という分野の充実を図ることを目標にしています。

また、超高齢化社会に受けて、医療・福祉の連携を強化した地域包括医療システムの構築を目指し、地域包括ケア病棟の開設を行い、他にも糖尿病センター、外来化学療法センター、乳腺・甲状腺外科センターなどを設け最善の医療の提供を目指しています。