弘前大学医学部附属病院の給料と待遇

給与 月額給与:大卒198,300円、短大3年卒・看護学校3年卒188,900円、看護学校2年卒・高校専攻科卒180,500円。基本給はこれらの金額に経験年数に応じて加算した額。
賞与 年2回(計3.89ヵ月分)
手当 扶養手当(配偶者13,000円、子等6,500円他)、通勤手当(上限55,000円)、住居手当(上限27,000円)、超過勤務手当、夜勤手当、夜間看護手当、手術看護手当、寒冷地手当等。
勤務時間

平均1週38.75時間勤務(1日7.75時間)で3交代制。日勤:8:30~17:00、準夜勤:16:30~翌1:00、夜勤:0:15~8:45。病棟によっては2交代制(15.5時間)勤務あり。
休日・休暇 4週8休制、その他年末年始、夏期休暇6日。
福利厚生 文部科学省共済組合(健康保険、年金等)雇用保険、労災保険。育児介護休暇制度あり。文部科学省共済組合の給付制度、貸付制度、保養所施設等が利用可能。
看護師寮 あり(病院敷地横、徒歩2~3分)
託児所 病院敷地内に24時間対応の保育所あり。

弘前大学医学部附属病院の基本情報

病院名 弘前大学医学部付属病院
住所 ※青森県弘前市本町53
病床数 644床(一般:597床、精神:41床、感染症:6床 )
看護師数 平成26年4月1日現在 592名
交通 弘前駅前(中央口)6番乗り場から約20分、大学病院前下車、または藤代行(土手町循環100円バス)
車通勤 可能。
カルテの種類 電子カルテ。

弘前大学医学部附属病院の看護師中途採用実績

看護師、助産師あわせて5名程度、中途採用も新卒とあわせて5名程度で毎年募集をおこなっています。中途採用も任期のない正社員雇用です。

病院看護部のホームページでは、がん看護専門看護師、精神看護専門看護師、がん看護領域の認定看護師(緩和ケア、がん化学療法、がん性疼痛看護等)、摂食、嚥下障害看護認定看護師、認知症看護認定看護師、新生児集中ケア認定看護師の資格を持つ専門看護師、認定看護師を募集しています。

また、不定期で短時間勤務、非常勤看護師の募集を行うこともあります。

弘前大学医学部附属病院の教育制度

患者さん、ご家族との相互理解をはかり、優しさと思いやりの看護を実践し、地域の中核病院としての期待に応え質の高い看護サービスの提供を心がけています。人間性と専門性豊かな看護師の育成を目指し、看護実践能力、教育力の育成に力を入れており、確かな知識と安全、高い看護技術、倫理性の高い教育を行っています。

スキルアップトレーニングルーム、24時間自由に使用できる図書室、研修室を設置し、自主的な学習と看護の専門性を発揮できる職場環境つくりを行っています。

また、弘前大学看護職員教育キャリア支援センターを設立し、教育プログラム開発、指導者育成、キャリアパス開発を行っています。

弘前大学医学部附属病院の特徴

32の様々な診療科と25の施設がある弘前大学医学部付属病院は、高度医療を行う総合病院です。再開発事業がほぼ終了し病院外観が一新され、ICUは8床から16床に増床されました。

被ばく医療に対応できる全国初の高度救命救急医療センターを設置しており、被ばく傷病者が入院治療する事が可能な病床(2床)も設置され、日々訓練を行っています。福島第一原発事故では、多くのスタッフが福島県で支援活動を行いました。ドクターカーやドクターヘリの導入し、青森県全域、秋田県から重症患者の受け入れをおこなっています。

全身熱傷、指切断の再接着手術、急性重症中毒など、特殊な患者さんも常時診察することができる青森県で唯一の高度救命救急センターです。

また、遠隔操作型内視鏡手術システム(ダ・ヴィンチ)の充実など施設設備を整え、最先端医療、医学教育と研究を行っています。小児科では日本国内での患者数が10名たらずという非常に稀な疾患、先天性免疫不全症の患児に対しての造血幹細胞移植に世界で初めて成功させ、国内だけでなく海外からも注目を浴びています。