泌尿器科看護師へ転職をするメリット

条件のよ良い求人を見つけやすい

泌尿器科における看護師の募集は、特に小規模の医院やクリニックで多く行われている傾向があります。泌尿器科は主に男性生殖器に関する疾患の治療を行うという特殊な科であることから、女性看護師が敬遠してしまいがちな診療科だとされています。

そのため、とりわけ給料の低い小規模の医療機関などでは看護師がなかなか集まりにくいといった現状があります。こういったことからも泌尿器科を扱う医院やクリニックでは、看護師の給料が他の診療科を扱う同規模の病院よりも高く設定されています。

特に人工透析を行っているところでは、給料はより高めに設定されているため、転職で収入を重視するという人にとってはメリットが高いと言えるでしょう。

また、規模の小さな医院やクリニックでは看護師をパートやアルバイトで雇用するところが多いため、家庭の事情などで非常勤勤務を希望している人にとっても給料が比較的高いというのはメリットが高いと言えます。

男性看護師が活躍できる場所

最近では男性の看護師も増えていますが、泌尿器科では診療科の性質上、男性看護師が最も求められています。男性特有の疾患が多く扱われているため、患者の気持ちを理解しやすいという点においても男性看護師が働くメリットは高いはずです。

泌尿器科看護師へ転職をするデメリット

精神的な負担が大きい

女性看護師の場合では、精神的な負担が大きいということがあげられます。泌尿器科では男性の性器に触れたり、陰毛を剃るといった業務があるというのが一般的に行われます。治療をスムーズに行うためにも必要不可欠となる業務ではありますが、時には患者から茶化されるなどのセクハラを受けることも多々あります。

また、性病治療などでは、悪臭がトラウマとなってしまう場合もあります。

そのため泌尿器科は、若い女性看護師にはあまり適していない職場かもしれません。病院によってはある程度年齢のいった人や、既婚者を優先して雇用するというところなどもあります。ですから新人ナースとして働きたいと考えている人にとっては、採用されるのが難しいというのはデメリットだと言えるでしょう。

パート・アルバイト採用がほとんど

泌尿器科における看護師の募集は、総合病院などよりも医院やクリニックで行われているというケースが圧倒的に多くなっています。小規模の医療機関では正職員ではなく、パートやアルバイトで雇用するという傾向があるというのも正職員を希望する人にとってはデメリットです。

業務の性質上、時給は比較的高く設定されている場合が多いですが、職場によっては交通費が出なかったりボーナスがないというところなどもあります。また、泌尿器科は基本的に夜勤がないため夜勤手当が付かない分、他の診療科よりも年収が少なくなるというのもデメリットとなります。

夜勤をしたくない人にとっては都合が良いと言えますが、収入面を重視する人にとってはやや不満となることでしょう。

看護のスキルが落ちる

その他の泌尿器科へ転職するデメリットとしては、泌尿器科のみを扱っている医院やクリニックでは、看護のスキルが落ちてしまう可能性が高いということなどもあげられます。

スキルアップを目指したいのであれば、他の診療科とセットになっているところや人工透析を行っているところなどを選ぶと良いでしょう。