看護師の勤務先で一番に思い浮かぶのは病院や開業医などですよね。しかし、周りを見渡してみると病院以外にも看護師の働き場所は結構たくさんあります。

例えば介護施設もそうですし訪問看護師として患者さんのお宅で仕事をしている人もいます。病院で働くにしても夜勤ありの交代勤務で常勤をしている人もいますし、パート勤務で短時間だけ働く人もいます。

結婚前は大きな病院で常勤として働く人が多いと思います。免許を取って経験があまりない人は、大きな病院で一通りの科を回って経験を積むことが大切です。

結婚や出産を機に一旦退職する人もいますよね。もちろん結婚や出産後も常勤で働き続ける人もいますが、やはり夜勤がある交代勤務がネックになるようですね。

でも、一旦退職しても家庭環境が変わって働けるようになって復職する人もたくさんいます。看護師の免許があれば割と簡単に働き場所を見つけることが出来ます。夜勤のない外来勤務や個人病院のパート勤務なら子育てや家庭との両立もしやすいかと思います。

私も子育てのため一旦退職しましたが、子供が少し大きくなってから個人病院でパートとして働き始めました。再就職しようと求人広告を見てみましたが、看護師募集は思ったよりたくさんあり就職先に困ることはありませんでした。

その後介護施設に移りましたが、介護施設も常に看護師不足でしたのでここも希望するところにすんなり就職できました。

病院や介護施設の他には訪問看護師という働き方もあります。決まった時間に病院や介護施設に行くわけではないので、育児や家庭の事情で決められた時間に施設で働くのが難しい人もその人の都合に合わせて働くことが出来ます。

週に何回か数時間でも働くことが出来れば訪問看護師として働くことが出来ます。例えば昼間は子供の面倒を見てくれる人がいないので働けなくても、夜間や早朝なら旦那さんに子供を見てもらえるので働けるという人は訪問看護師なら働くことが出来ます。

短時間でもそういう時間に働ける人は少ないので重宝されています。それでも定期的な決められた時間に働くのが無理なら派遣看護師という働き方もあります。

派遣看護師なら短ければ一日から働くことが出来るので、事情があって長期では働くことが出来ない人でも仕事が出来ます。

ちょっと特殊なところでは派遣の一種ですが、イベントナースとして働くという選択肢もあります。イベントナースとは、文字通りお祭りや大きなイベントやコンサートなどで緊急事態に備えて待機する看護師のことです。

定期的な仕事でなく単発の仕事なので、長期の仕事や定期的に家を空けることが出来ない人でも自分の都合に合わせて働くことが出来ます。修学旅行やスポーツ合宿などの付添をするのもイベントナースの仕事です。病院や施設で働くのとは違ってちょっと楽しそうな感じもしますね。

その他にも企業に入って社員の健康管理や健康教育を行うことを仕事にしている看護師もいます。夜勤もなく定時で退勤出来休みもきちんと確保されているので働く条件は悪くないですよね。

これらの仕事は看護業務を行なうことはほとんどありませんが、とっさの時には看護師としての的確な判断と対処を求められるので病院でかなり経験を積んだ看護師が向いていると言えるでしょう。

このように看護師にはそれぞれの個人の事情に合わせて働くことが出来るほどたくさんの働き方があります。看護師の活躍できる場所が多くなったのもあってどの職場も看護師不足に悩まされています。

せっかく頑張って勉強をして看護師の免許を取ったのですから、事情が許せば看護師として働きたいと思っている人はたくさんいるはずです。

子育てや家庭との両立など事情は様々でしょうが時代とともに看護師の働き方は多種多様になってきています。せっかく取得した看護師免許です。自分の生活スタイルに合った働き方で無理のないよう看護師として働き続けてほしいと思います。