以前勤務していた病院でとても印象的な医師がいました。

医師というと皆さんどんなイメージをお持ちでしょうか?私は理屈っぽくて勉強はよくできるけどちょっと変わり者、というイメージでした。実際一緒に働いてみるとやっぱりちょっと変わった人が多いですね。

独身時代に総合病院で働いていた時に出会った医師はちょっとどころではなくめちゃめちゃ変わった医師でした。まず、2年くらい働くとしばらく放浪の旅に出る。そしてまた戻ってきて働いて放浪に出るということをしていました。

仕事をするのは放浪の旅に出る資金を稼ぐためだったようです。実家も病院を経営していて裕福なのでお金には不自由していなかったでしょうが親のお金で放浪するのにはさすがに抵抗があったようです。

やることがとっぴょうしもないことだけあって変わっているのはそのライフスタイルだけでなくすべてがみんなの想像を超えるものでした。

出勤はポルシェかハーレーダビットソン。毎日爆音をとどろかせながらの出勤です。頭は金髪に染めて爪には黒のマニキュア。体つきはいかつくまるでプロレスラーのよう。

こんな恰好ですから外来で初めての患者さんは本当にびっくりしています。でも、診察は丁寧で患者さんの話を時間をかけてじっくり聞いてくれるので患者さんの評判はとても良かったです。

その医師が話していたところでは、自分は少し働いたらまたすぐ旅に出るから仕事も期間限定だと思えば患者さんにも優しくなれるのだそうです。そんなライフスタイルだからかほとんど怒ったことがなくおおらかで楽しそうに仕事をしていました。

いずれは実家の病院を継ぐので貯金などする必要がなく自分では働いたお金はすべて放浪の旅に使っていたようです。お金の心配もなく世界のいろいろな所をみて視野を広く持って物事を見ているので気持ちにも余裕があって患者さんに穏やかに接することが出来るのでしょうね。

環境も違うしとてもまねできませんがそんな自由な生き方にはちょっと憧れます。