先天性風疹症候群という疾患をご存知ですか?

妊婦さんが妊娠中に、風疹に罹ると、生まれてくる赤ちゃんに悪影響がみられる疾患です。

目や心臓に生まれつき障害を有し、それを回避するための有効治療がなく、予防接種でしか太刀打ちできないのが現状です。

もっとも多い症状は、赤ちゃんの白内障、心臓の形状奇形、難聴があります。その他にも、緑内障、網膜異常、小頭症、精神遅滞、髄膜脳炎、肝臓腫大や脾腫、皮膚の変色などがあります。

では、看護師として知っておきたい先天性風疹症候群の基礎知識について紹介していきたいと思います。

妊婦さんの風疹予防

風疹に免疫のない女性が、妊娠初期に風疹を発症する可能性は、妊娠1カ月で50%以上、妊娠2カ月目で35%、妊娠3カ月目で18%と言われています。妊娠5カ月を経過するとほとんど発症しないと言われています。

感染しても無症状で終わることがあり、気付かないうちに風疹になっている妊婦さんもいます。

出産後、症状を呈する赤ちゃんに対しては、特別な治療法が無く、白内障や心臓奇形に対しての手術を施す程度でしかありません。

そのため、風疹に罹らないように予防接種をしなければなりません。また、女性のみではなく、男性も風疹に罹ることがあり、旦那さんからの感染を予防するためにも、夫婦両者がワクチン接種をする必要があります。

新生児集中治療室

健康状態の問題を抱えた赤ちゃんは、新生児集中治療室(NICU)で状態管理を行います。

新生児を対象とする看護では、「生」と「死」が隣り合わせという事を認識しておかなければなりません。

誰もが元気に生まれてくると思っている出産ですが、早産、多胎、ハイリスク妊娠など、何らかの治療や観察が必要な出産も多くあります。

特に、高齢出産が多くなり、生殖医療も発達した現在、救える命、助かる命が多くなった為に集中治療で助かる赤ちゃんが増えています。

よって、新生児集中治療室の必要性や質の高いケアが重要視されています。

新生児集中治療室で働く看護師に求められること

ここで看護師に必要とされることは、赤ちゃんの生死に揺らぐ事無い、強い精神力と観察眼です。

話せない、訴えられない赤ちゃんの異変を察知する観察力と、その変化に対応できる知識と精神力が必要です。

観察力や知識があっても、その変化に心が付いていかなければ、冷静に判断し対処する事ができません。そのため、精神力が重要なカギとなります。

また、赤ちゃんを支える家族の心のケアも重要です。この間に、愛着形成がなされない、強い不安や恐怖により育児が難しいのではないかと赤ちゃんとの関わりを遮断されることがあります。

逆に、不健康に産んでしまったと悲観し、自責の念にかられる両親も多くいます。両極端ではありますが、両者ともに強く衝撃を受け、辛さと葛藤していることに違いありません。

看護職者の心温まる関わりと、対話、説明や不安解消で、正しい認識と理解で赤ちゃんとの関係がうまく築けるよう支援されることが求められます。

看護師にとって新生児集中治療室勤務の魅力とは

新生児に関する知識や技術を習得できるのはここしかありません。

また、赤ちゃんの回復しようとするエネルギーを糧に仕事を出来ることもやりがいに繋がります。

さらに、家族ケア、グリーフケア、悼み、共感などのコミュニケーション、カウンセリングスキルを習得する事も出来ます。

赤ちゃんの命を預かり、その成長と安定を守ることのできる魅力的な仕事です。

新生児集中ケア認定看護師というスキルアップ資格もあるので、1つの分野を極めたいという看護師さんにもうってつけです。

新生児集中治療室で働くデメリット

一刻を争う状況、急激な状態変化、異常早期発見に努める姿勢はストレスの多い環境です。

責任重大で、ミスを許されません。このようなプレッシャーのかかる環境が負担となることがあります。

また、失われる命もあり、辛さ、悲しみと葛藤しなければならない事もあります。

まとめ

先天性風疹症候群を予防するには予防接種以外ないことが分かりました。

医療職者として妊娠を希望する夫婦に、このワクチン接種を推奨する事で、この疾患に悩む夫婦や赤ちゃんを減らすことができます。

また、新生児を看護する視点として、赤ちゃんを愛する気持ち、大切にする気持ちを持って、優しく丁寧にケアできる姿勢が求められます。

常に一緒にいられないお母さんが不安にならないように、お母さんの代役になる気持ちでケアに当たる事も必要でしょう。

新生児看護は、油断できない緊張感ある仕事です。しかし、生きようとする赤ちゃんの力を感じられる明るい現場でもあります。

看護師としてここで働くのであれば、新生児集中ケア認定看護師や助産師等の資格でスキルアップを狙っても良いかもしれません。