夜勤は人が寝ている時間に働くのですから、眠いし体は辛いし生活のリズムが崩れるし本当に大変です。でもそんな大変な夜勤の時でも楽しみはあるものです。

私の場合は先輩看護師とのコミュニケーションと夜食が楽しみでした。普段日勤の仕事中は業務に忙しくとてもゆっくり話をする時間などありませんが、夜勤時は休憩時間などにちょっと時間が取れれば落ち着いてゆったりと話すことが出来ます。

夜勤時は勤務している人数も少ないのでプライベートなことまで話しやすい雰囲気もあります。いろいろな話をしていると先輩看護師が意外な趣味を持っていたり、今まで知らなかった一面が分かったりして仕事中怖いと思っていた先輩が急に身近に感じて親しみを覚えることもあります。

看護師の仕事は激務で忙しいからこそこのようにゆったりした時間はとても貴重な時間に思えました。看護師同士コミュニケーションが取れると仕事の面でもスムーズに進むことがありますよね。

夜勤時は1時間の休憩食事時間がありますが、その時のみんなで食べる夜食がとても楽しみでした。うちの病院は準夜勤と深夜勤は3人勤務でしたが、夜間の食事休憩はナースステーション奥の部屋で皆で集まって食事をすることにしていました。

夜勤時に食べる夜食は勤務者の一人がまとめて買ってくるのがうちの病棟のやり方でした。夜勤のメンバーを思い浮かべてお総菜を買ったりお弁当を選んだりするのは楽しかったです。意外にセンスが必要なんです。

また、他の人に買ってきてもらうときは自分が選ばないようなものがあったりするのも新鮮でした。時にはみんな自分で作ったおかずを持って来たりするときもありそれも楽しみでした。

いつもは怖い存在の先輩ナースが漬物を漬けてきたり巻きずしを作って持ってきてくれたりすると、家庭的な一面が垣間見れてちょっと見方が変わったりします。

夜勤時の休憩時間はそんな先輩看護師との貴重なコミュニケーションの場でもありちょっと楽しい時間でもあります。