看護師は他の職業に比べて高給なことが多いので、その金銭感覚が独特な人がいます。

常勤で長年働いていれば男性に負けないくらいの給料をもらう人もいます。

それなりにきっちり貯金をして住宅の購入に充てたり子供の教育資金にしたりする人も多いですが、中にはかなり派手にお金を使う人もいます。

同年代の友人たちに比べると金銭的にはかなり余裕があるので、自分の趣味に使ったり買い物や旅行に贅沢にお金をかける人もいます。

宝塚が大好きな先輩は給料の大部分を宝塚のために使っていました。旅行が趣味の先輩は年に2回は長期に休みを取って豪華な海外旅行に行っていました。ストレスの多い職場でもあるので、お金を使ってストレス解消をしているということもあるかもしれません。

以前働いていた職場でとても変わったお金の使い方をする人がいました。その人は小学生の娘さんがいるママさん看護師だったのですが基本的に家で家事をほとんどしない人でした。

では家事はどうしているかというと、掃除は普段はささっと片づける程度で定期的にお掃除サービスの人に来てもらっていました。食事はよっぽど気が向いたときは自分で作るのですが、ほとんどの場合外食したり出前を取ったり買ってきたりしていました。

洗濯は自分でしていたようです。彼女は家事があまり得意ではなく、いやいや食事を作っても美味しいものも出来ないしストレスもたまる、それならお金を払って気分よく美味しいものを食べる方がいいという考え方でした。

でも、全く料理をしないわけではなく、作りたいと思った時や子供の誕生日やクリスマス、お正月のおせち料理などはきちんと出汁から作り本格的な料理を作ることもあったようです。

毎日義務的に作るのと違い、自分のやる気のある時にしか作らないので凝った料理を楽しみながら作るのでストレスにはならなかったようです。

彼女は働いたお金の大部分をこうした家事代行に使っていたので最初はとても驚きましたが、ストレスのない自由な時間を確保するためにお金を使うという使い道もあるのだと知りました。

お金の使い方は個人の考え方が大きく影響すると思いますが、高給だからこそちょっと変わった金銭感覚の人も出てくるのかなと思います。