通常、医療機関に勤務していると災害看護の研修や避難訓練等を行うことがあります。

しかし、実際にその力を活かしたり、活動をすること無く日々を過ごし、次の訓練や研修までその認識を保っておくことはなかなかできないことがあります。

もしもの時に必要な知識や認識ではあっても、日々の業務や仕事が先立ち、このような急を要する時の対応が自信を持って出来ると言う看護師はそう多くはありません。

そこで、今一度災害看護について考える機会を持ちましょう。

そして、万一の際に活躍できる看護師であれるよう、頼れる人材に成長しましょう。

日本赤十字社と災害医療

日本国内で何らかの災害や震災があった際、以前より先陣を切って活躍していた赤十字病院ですが、このほど、内閣府と協定を結び、災害対策への連携が図られるようになりました。

とても頼もしく、有難く、心強い協定です。

その内容として、災害対策基本法や災害救助法に則り、災害の予防対策、災害発生時の対処や医療活動、救急救護に関する取り組みに関与されること、力を貸すことが取りきめられました。

また、災害が終息した後の復興活動についても医療支援や、被害にあった人々への必要支援を行うとの協力関係が約束されました。

これまでも、緊急時、自衛隊や消防などと同様に活躍していた日本赤十字社ですが、これからより一層の活躍が期待できることとなりました。

また、これまでの経験を活かして、日本の窮地を救える活動をして貰えるのではないかと考えられます。

災害看護の基礎

災害に関する看護について、医療機関に勤務する看護師は、日ごろから知識を付けられるよう取り組む姿勢が重要と言われています。

しかし、災害を予期することはできず、「まさか自分たちが被災者になることは。」との認識も、少なからず持っている看護師もいることでしょう。

そこが、災害看護が普及しない要因とも言えます。

何もないからではなく、何かあるかもしれないという考えは、日々の医療活動でも行っていることでしょう。

あってはならないけれど、あるかもしれないのが災害で、それが自分の地域なのか動かが分からないから対策が必要なのです。

災害の種類

限られた地域で、急激に人や環境の生態的変化を来たす状態で、地震、津波、火山噴火、台風被害などの自然災害、テロや事故、紛争、原発事故などの人為災害、政治的混乱などの特殊災害があります。

日本で特に危険や認識を持っておくべき事として、自然災害があります。

島国で、海に囲まれた環境であり、地震も起こりやすい国柄があり、これまでも何度となく自然災害に見舞われています。

また、東京オリンピックなどが予定されており、テロや大事故も今後懸念されたり、原発事故の経験したこともあり、人為災害にも注意が必要です。

災害サイクルの理解

災害サイクルとは、災害が起こった時に、次の災害が起きた時の為の備えを行う事までの一連の流れを一人のサイクルとして捉え、対策することです。

日本では、日本赤十字社は主導し、災害サイクルをまとめています。

災害発生から数時間をPhase0とします。

次に、発生より48時間以内をPhase1と位置付けます。

そして、発生より14日以内をPhase2とします。

最後に、発生より数ヶ月間をPhase3と言います。

●Phase0
超急性期、現場が困惑している状態です。

正しい情報を得ようと現場は働きますが、なかなか難しい状態に、被害の拡大が伺われます。

医療機関では、入院中の患者さんの安全と生命を守る為の行動を取られますが、その規模が大きいほど、重症度が高いほど困難さがあります。

●Phase1
人の命の期限とも言われるゴールデン期間です。

看護師や医療スタッフも被災者となるのですが、そこに入院中の患者さんも被災者となります。

また、入院中患者さんの命を救う行動を取りますが、また、外部からの救命や救護の支援を受けたい人々が集まってくる対応も強いられます。

●Phase2
状態で言えば、亜急性期です。

初期治療が終了し、一旦落ち着きを感じますが、感染症や疫病への対策が必要は時期です。

また、自分たち、患者さん、被災者の心のケアが必要な時期ともなり、身体のケアのみではなく、急性ストレス障害や心的外傷後ストレス障害などのストレス、衝撃への対応を必要とします。

●Phase3
復興期とも言えるこの時期は、元に戻る為の準備期間とも言えます。

被災者の急性期も落ち着き、リハビリテーションや活動開始をしようとする時期、一気に気が抜けて疲れや疲労に悩まされる時期でもあります。

持病の管理や体調変化にも注意が必要で、身体の安定にはまだまだ遠い状態です。

災害現場と医療

災害時、医療に対する人々の要望は刻一刻と変化します。

命を救ってほしいと言われる超急性期、命を救ったら、症状を改善させてほしいとなります。

そして、身体を綺麗にしたい、不眠やストレス障害に対応してほしい、家に帰りたい等のニーズも高まってきます。

医療活動に求められることは「トリアージ」です。

命を救える人と、救えない人、軽症の人と重症の人を判断し、その人に正しく医療を提供できなければなりません。

また、その時の判断が患者さんや、その家族に与える影響は大きく、看護師や医療職者は、本当に自分の判断が正しかったのかと思案する日々に心を痛めることもあります。

また、正しい情報を、正しいところや人に、正確に伝え、被害を最小限に留められるよう働かなければなりません。

トリアージ

生存者を発見し、救助する事が重要です。

災害看護では、一人を失っても、10人を助けようという精神で働いています。

また、子供、女性、高齢者、貧しい人を優先して救命する方針があります。

災害看護における看護師の役割

(発生より3日間)

  • 病院や医療機関の受け入れ体制の準備
  • 重症度の高い患者さんの初期治療と気道確保やルート確保の施行
  • 軽症者の処置
  • 搬送された被災者全員の健康管理や観察
  • 被災者とそのご家族のメンタルケア
  • 被災状況の把握と情報収集。情報共有
  • 住民の状況把握と健康状態の把握
  • 死者への対応とそのご家族支援
  • 医薬品や衛生材料、食品の確保

(発生より半年程度)

  • 被災者の精神的ケア
  • 周辺の巡回と住民の状況把握
  • 持病のある方への健康管理や指導
  • 感染症や疫病発生の状況把握

(発生より3年程度)

  • 慢性疾患、高血圧や生活習慣病保有者の健康管理
  • 慢性疾患のある人々への自立支援やセルフケア指導
  • 感染症看護
  • 心的外傷後ストレス障害等の精神的ケア

(3年以降)

  • 復興活動と、日常への変換
  • 被災度を軽減できるよう行動に移す
  • 災害看護に対する見直し

避難所で必要な看護

避難所では、自宅が無くなった、自宅で生活できない人々が集まります。快適な避難所生活となるような支援も看護師に必要な取り組みです。

集団の場で起こりやすい感染症や疫病対策等の保健衛生活動、環境調整も必要です。衛生的に、快適な避難所であるよう配慮が必要です。

また、食や衣類などの物品支援もあるでしょう。それらが平等に、必要な人に必要なだけ届くよう計らう事も必要です。

急性ストレス障害や心的外傷後ストレス障害に悩まされる人もいます。そののようなストレスを抱える人々へのメンタルケア、もともと持病のある自己管理が必要な方への医療支援も必要です。

まとめ

災害について、自分達には関係ないと考えやすいし、起こらない方がよいとの認識が、災害への認知低下をもたらすことがあります。

万一の時に活躍できるから、看護師としての役割や達成感を感じられる事もあります。

あっても必要のない知識はありません。

看護師として、公衆の窮地の時に力を尽くせる存在になりましょう。

災害看護について再度見直し、もしかしたら起こるかもしれない、東南海地震や火山噴火などの考えられる災害に考えを巡らせてみてはいかがでしょう。