日本では縁遠いと思われていた、亜熱帯地域で見られていた感染症が、日本でも耳にするようになりました。

エボラ出血熱、デング熱、熱帯病など、蚊や寄生虫を介した感染症や、外国から帰国した人を媒介した感染症等、これまで聞いたことが無い「感染症」と言われる疾患が問題を読んでいます。

これまで注目されていない分、周囲や医療職者までも知らないことが多く、その対応が困難な事があります。

よって、アフリカなどの地域で流行る感染症について日本でも研究がなされるようになっています。

では、諸外国の感染症の実態と、医療職者向けの感染対策について記載します。

亜熱帯地位を中心に流行る感染症「エボラ出血熱」

致死率40%から60%で、有効な治療法は解明されていません。

日本でも、西アフリカ地域から帰国した外国女性にその疑いがあり、医療機関を受診、結果「陰性」であったことは最近のことです。

感染経路:人の体液や接触を介して感染し、飛沫感染、空気感染はしません。

エボラ出血熱は、消化管の粘膜にウイルスが増殖するため、呼吸器系には付着が少ないとされています。

消化管に寄生したウイルスが、粘膜をただれさせ出血を起こすことで感染させます。嘔吐、下痢、血便などに含まれるウイルスに触れることで感染拡大します。

よって、排泄物の処理に注意が必要です。

感染症対策

医療機関では、急な嘔吐や下痢などによる汚染を予防するため、空気感染に有効といわれるガウンの着用をしています。

接触感染と言われていますが、いつ吐物や排泄物で汚染するかが分かりませんし、もし、空気感染する事があるかもしれないと予防対策がなされています。

日本では、検疫所で健康監視を行いますが、西アフリカ渡航歴がある人に対し、発熱したら指定の医療機関に報告する事を指導しています。

感染症地策が厳しくなると注意したい事が、差別です。

日本では、エボラ出血熱に対する知識が乏しい為、その知識不足から恐怖無感染症、この感染症にかかった人と関わると感染するとの誤解を招きかねないため注意が必要です。

医療機関における標準感染予防策

1996年にアメリカ疾病管理予防センターが発表した隔離予防策ガイドラインにより施行された感染症予防策です。

・ユニバーサルプリコーション:感染症が明らかな患者さんへの対応策

・スタンダードプリコーション:感染の有無に関わらず、予防的に全ての人に適応できる感染予防策

これは、患者さんの血液、唾液、胸水、腹水、心のう液、脳脊髄液などの体液、分泌物、排泄物、浸出液など全てを感染源として予防策を講じることとしています。

感染要素の遮断

・病原体

・病原体を持つ患者さん

・病原体の出所

・病原体に次に感染するかもしれない人々(他の患者さん、家族、医療関係者)

・感染経路

具体策

・一患者、一処置毎の手洗いする

・患者さんの体液に触れる時は、手袋、マスク、ゴーグル、防水ガウンなどを着用する

・鋭利な物品の取り扱いに注意する

・使用した理念類の適切な処理をする

・環境調整による室内外の清浄化を図る

・感染源となる患者さんの隔離や感染し易い患者さんの逆隔離を行う

感染症看護専門看護師

感染症看護専門看護師は、2006年に感染症に関する専門知識を持った看護師に与えられる資格です。

実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究の6つの役割があり、感染症の拡大を未然に防ぎ、感染予防を行うプロフェッショナルです。

自らが率先して感染対策を講じ、現場看護師等に正しく教育指導し、その対策が全員で行えるよう調整します。

倫理的配慮や感染予防等に関する研究も行い、より質の高い感染対策ケアを考えていきます。

患者さんに対する対応と、二次感染予防に関わる知識や技術の習得も求められます。

資格取得には、日本における看護師資格を持ち、看護系大学の修士課程を修めていなければなりません。

また、看護師経験5年以上、そのうち3年を感染領域での勤務が必要となります。

この条件を満たすと、資格認定審査が受けられます。

資格認定審査は、筆記試験と書類試験があり、両方を合格する事で、登録、専門看護師の認定証がえられます。

資格取得後も、5年ごとの更新があり、その間にも感染に対する取り組みや研究などの功績を上げなければなりません。

まとめ

日本の四季や気候の変化によりこれから耳慣れない感染症や疾患が流行ることが考えられます。

医療職者として何が出来るかと言うと、自分自身がまず、感染源、媒介者とならないよう、スタンダードプリコーションを徹底し、飛散を回避できるよう対策することではないでしょうか。

これくらい大丈夫と考えず、充分に感染予防、飛散予防について考え、手洗い、嗽、適切な防護具の着用の認識を高めなければなりません。

感染症専門看護師や、感染管理認定看護師等、看護師の専門性を高め、良質なケアを行える人材育成も進んでいます。

キャリアアップの為にも、少しこのような資格に興味を持っても良いかもしれません。