年間自殺者数は、年々増加し、また行方不明や失踪者の数も減ることのない日本で、家族を失い残された者の心のケア大切さを問う声が聞こえてきます。

自死遺族と言い、まさか自分の家族が自分の意思で自ら死を選択するとは思わなかった、何故その異変に気付けなかったのかと自分たちを責めることがあります。

時に、それが次の自殺を生み、また、残された人々が悩み苦しむ連鎖を生みます。

もし、自分の家族の自殺現場を発見してしまったら、その衝撃と心労は計り知れないものです。

正しく心をケアし、残された家族がその死を受け止め再出発できるよう支援されることが医療職者や看護師に出来ることではないでしょうか。

特に、精神や心療内科での取り組み、精神保健の啓発でわれわれ医療職者に出来ることについて考えてみましょう。

自殺発見とその後

自殺を発見すると、まず警察の事情聴取などを経験します。

人を亡くし、ショックと悲しみにくれる中、警察の容赦ない問答に応じなければなりません。

時に、自分自身に疑いの目を掛けられたり、何らかの問題が引き金ではないかと詮索される為、そのショックやストレスは重大なこととなります。

それにつけて、葬儀の準備や周囲への知らせなど、気を配らなければならないことが多くのしかかります。

悲しみにくれる間もなく、「しなければならない」という順序立てたような作業に身体まで疲れ果てます。

残された家族への周囲の目

最も恐れられるのが、残された家族への周囲からの眼です。

何故死ぬまで気付かないのか、気付いてやれなかったのか、死ぬ前に何かサインはなかったのかと、残された家族を周囲は執拗に攻めます。

悲しみたい、自分を責めている残された家族に、留めのような視線を送ります。

自死遺族に対し、周囲はもっと温か眼で手を差し伸べるべきではないでしょうか。

そうする事で次の自殺者を減少させられる、温かい社会が実現出来るのではないでしょうか。

自死遺族と医療

まず、グリーフケアという概念があります。

病死にしろ、自死にしろ、残された人々は悼み、苦しみます。

ショックと辛さで心を逼迫します。

このような人々の声を聴き、受けとめ、ともに再出発が出来るよう関わることで、精神的負担を和らげ、日常へ戻る支援を行います。

特に、自死遺族は、自殺をした、家族を自殺で失ったことに対して「恥ずかしい」との認識を持ちます。

しかし、自殺は消して恥ずかしいものではないとの認識が持てるよう心のケアを行うのが看護師や医療職者の関わりです。

残念で悲しく、避けることが出来るならば避けたい事実ではありますが、かけが言えのない大切な存在を失ってしまった悲しみを共に悼み、受けとめられるよう支援する役割を医療職者が担います。

自殺未遂や時事遺族へのケア

自殺を予防し、自殺や自殺未遂を回避するためには、「自殺念慮」の有無を確認する事が大切です。

悩みを抱える人と関わり、その悩みの内容を知り、その悩みをどうとらえているか、そして自分の命をどう捉えているかを知っておかなければなりません。

「いなくなりたい」「死にたい」「消えたい」などの思いや言葉があれば要注意です。

その思いの発端となる要因を排除し、ストレスや苦痛から早期に解放されるよう支援する事も大切です。

職場や人間関係、社会生活等であれば、介入は簡単です。

休職や退職、その状況から関わらないように支援する方向があります。

また、金銭面の問題や、休職や退職などによる金銭問題の発生に対しては、行政や福祉、保健などの介入により支援されることがあります。

また、家庭問題や成育環境などの問題に対しては、児童相談所や福祉支援の介入が可能でしょう。

一人で悩まず、多くの人々が悩みを抱える人に関わり、一人で無い事を感じられる支援策を講じることで多くの自殺未遂や自殺企図を回避する事が出来ます。

看護師に出来るグリーフケア

悲嘆援助と言われるグリーフケアは、大切な人を亡くした時、悲嘆に苦しむ人を支援します。

心に寄り添い、辛い喪失感を一人で乗り越えなくても良いように関わり、もう一度歩み出せるよう支援します。

カウンセリング、傾聴、共感をもって、心の悲痛の回復に関わることがグリーフケアであり、心に傷を負った自死遺族の心を立て直し、明日への希望を見いだすよう関われることが看護師にも出来るグリーフケアです。

まとめ

自殺と聞くと、「ドキっと」する事があるでしょう。

どのようにその家族に話を掛け、どう対応すべきか悩むこともあるでしょう。

しかし、自死遺族者は何かを求めていることはないでしょう。

騒がず、取りみださず、平穏にただ、話を聴いてほしいとの思いがあるのではないでしょうか。

家族は自殺をした人と言う目で周囲は目を向けます。

しかし、そんな時に、看護師や医療職者が「そっか」「辛かったですね」「大丈夫ですよ」と優しく声をかけてくれたら、どれだけ安心出来るでしょうか。

そのような温かいまなざしを、自死遺族者は求めているのではないでしょうか。