看護学校の授業料を奨学金という形で借りた場合、返済は帳消しにするから一定期間はしっかりこの病院で働いてよ〜なんていう「お礼奉公」。

約束の期間が終わっていないけど、看護師が嫌になって辞めたいとか、職場が合わないから転職したいんだけどっていう方々も少なくないようです。

なにせ奉公は3年から5年間くらいになっていますから、気が変わることだってあります。

自分のお約束は3年間だし、何が何でも3年間は辞められないなんて思い、我慢して働いている方も中にはいらっしゃるでしょう。

「お礼奉公」なんて古くさいような、縛られているような名前ですもの、勘違いもしそうですね。

でも辞められますよ! 転職できますよ!

看護師が嫌で辞める方も、転職を選ぶ方も、次に向かう時に失敗しないためには、しっかりとそれなりのルールを知っておく必要があります。

円満退職、早期転職が望ましいですからね。

辞めた場合に返済はどうなる?

帳消しになる期間働いていないのですから、もちろん帳消しとはいかず、借金と同じですから、それを返すのは当然のことですね。問題は金額と返済方法です。

職場に「辞めます」と言うと、全額一括返済するよう迫られることが多いようです。それも、たいてい即日にっていう意地悪的なことを言われてしまいます。

また、中には減額してくれる所も病院によってはあります。例えば3年間で180万円借りた場合、1年間働いたから3分の1の60万円は免除してくれるなんていうところもあります。

しかし、逆に3年間働けないのならと、違約金が発生し上乗せして請求される場合もあります。

いずれにせよ、額が額ですから新人看護師や2年目くらいにとっては、かなり大きい数字ですね。いくら看護師の給料が良いとはいえ、自分の貯金からでは難しいかもしれませんよね。

転職する際の具体的な行動

まずは契約書をしっかり確認

自分の返済の契約書の内容を知らない方が意外に多いのです。親まかせだったりすると、見ないままになってしまう事も分からなくはないですが。

しかし!見なかったため、職場から言われるがままに支払ってしまったというのは、痛すぎです。契約書に何が書かれているか、いくらと書いてあるか、しっかり読んでくださいね。

働いた分減額もありと書いてるのに、即日一括返済なんて言われても、契約違反でしょと言えないでしまいます。

多額の違約金を要求された場合も、そんなの契約書にないんじゃないですかと言えますしね。

また上司から5年と言われながら我慢して働いて来たけど、確認してみたら、なんだ3年で良かったんじゃないか〜なんていう方もいましたし。それは残念としか言いようがないですね。

人員不足にある病院はできるだけ、長く働いてもらいたいと思っているはずですから、いろんな策に引っかからないでください。

自分では契約のことは分かっていると思っていても、思い違いということもありますから、きちんとそこは確認しておきましょう。

職場に返済の方法や金額を確認

はい、もちろん契約書を確認した後ですよ。

事務で教えてもらいましょう。と言うか本当は、再確認なのですが。

その場合、全額とか一括とか言われても、減額はしてくれないのか、苦しいので分割が可能かは聞くだけタダです。何かしらの理由をつけて、相談してみるのも手です。

万一、契約にないようなこと、新しく変更になったんだなんて、よく分からないことを言われその場でサインを求められたら、検討しますと持ち帰り、じっくり読んでくださいね。

意外と読まずにハンコ押してしまう方が多いのにはビックリですが、理解し納得するまではダメです。

問題がある時はきちんと相談

契約内容が変更になったとか、契約通り働いてくださいと、辞めさせてくれない意地悪な職場もあるかもしれません。

借金を理由に、辞めたいという人を強制的に働かせる職場は労基法違反ですから、そんな時は労働組合か、労働基準監督署などに相談した方がいいでしょう。

契約書にないことを要求された時も同じです。相手が引き下がらない時は尚のこと、無理に自分で追及せず、相談すべきところにいきましょう。

弁護士というと安くは無い料金が発生しますから、やはり労働組合か、労働基準監督署が良いですね。

なかなか円満退職ってことではないかもしれませんが、ここは大事なお金の事。仕方ありません!

また自分は貯金が少なくて返せないなんて方、もし借金するなら、とりあえず親に相談するのが手っ取り早いです。

もしくは、この際、可愛がってくれていた親戚に頭を下げるなどをし、少しでも利子がない方法を選びましょう。

でも、そもそもそれが難しいから奨学金なんだって方、銀行はまだしも、少なくとも消費者金融からだけはやめましょうね。

肩代わりしてくれる転職先を探す

どこから借りようかとあれこれ悩まないでください!転職先の職場があります!

今の職場を辞めてしまう前に、転職先を探してみることをお勧めします。それも、お金を肩代わりしてくれるところがあるのですから。

奨学金制度ありなんていうところは、肩代わりの可能性が大ですが、働きながらひとつひとつ自分で探すにはかなり労力を要しますし、時間がかかります。

求人サイトでアドバイザーに相談するのが一番手っとり早いです。しっかりと自分の状況や返済したいことをお話しして、探してもらうことの方がぜんぜん楽だし安心です。

でも肩代わりしてくれるということだけで職場を選んだら、やりがいのない小さな病院だったという例もあるため、その点の妥協は禁物です。

そして転職先にお願いする肩代わりも借金には違いないのでもちろん返済しなければなりません。

でも、働きながらですから給料天引きなどの方法をお願いすると、それほどの負担にはならないはずです。貯金がいくらかあれば先に少し返し、残った分を借りても良いでしょう。

とにかく、お礼奉公中でも辞めることはできるし、肩代わりしてくれる転職先だって見つかるかもしれません。

転職希望の方はもちろんですが、看護師辞めたいなんていう方も、まずは辞めずに一度自分にあった職場を選びなおしてみても良さそうですよ。